米中、台湾巡り激しい応酬 国防相会談、対話継続は一致

22日、カンボジア・シエムレアプで米中国防相会談の会場に向かうオースティン国防長官(中央)(共同)

 【シエムレアプ共同】オースティン米国防長官と中国の魏鳳和国務委員兼国防相は22日、カンボジア北西部シエムレアプで会談した。台湾問題でオースティン氏は一方的な現状変更に反対し、不安定化させる行動を控えるよう要求。魏氏は米側の介入をけん制し、台湾統一を「必ず実現しなければならないし、実現できる」と主張、再び激しい応酬となった。対話継続では一致した。米中双方が発表した。

 バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は14日に会談し高官協議の活性化で一致しており、今回の国防相会談はその第1弾となった。

 両氏は今回、東南アジア諸国連合拡大国防相会議でカンボジアを訪れた。

© 一般社団法人共同通信社