JAXA「失敗以上の失敗」 オモテナシ、月着陸断念

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、超小型探査機OMOTENASHI(オモテナシ)の月着陸断念を受けてオンラインで記者会見を開き、橋本樹明教授が着陸に入る前の段階での断念で「失敗以上の失敗だった。非常に残念でならない」と述べた。オモテナシは太陽の周囲を回る軌道に入り、月着陸に再挑戦する機会は失われた。

 オモテナシは機体の片面にある太陽電池が太陽を向かなかったため充電できず、通信できなくなった。想定上限の8倍の速さで回転していることも判明したが姿勢や軌道を修正できず、22日未明に着陸を断念した。

 JAXAは失敗の原因を究明するチームを設置する。

© 一般社団法人共同通信社