OECD、23年物価上昇率6.0%と予測

 【ロンドン共同】経済協力開発機構(OECD)は22日、2023年の20カ国・地域(G20)の物価上昇率が前年比6.0%になるとの見通しを公表した。9月時点の前回予測から0.6ポイント引き下げた。日本は2.0%と見込んだ。

© 一般社団法人共同通信社