NY株、3カ月ぶり高値 397ドル高、消費懸念後退

ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=22日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比397.82ドル高の3万4098.10ドルで取引を終えた。終値としては8月中旬以来、約3カ月ぶりの高値となった。記録的な物価高による米消費減速懸念が後退し、買い注文が広がった。

 家電量販店のベストバイが業績見通しを引き上げたのを手がかりに米年末商戦への期待が高まり、小売りやクレジットカードといった個人消費の関連銘柄が買われた。米長期金利が低下し、相対的にIT関連銘柄の割高感が薄れたのも投資家心理を支えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発した。

© 一般社団法人共同通信社