守田・冨安ベンチで「ドイツ代表に負ける」清水・権田修一スタメンに賛否も

守田英正 写真:Getty Images

森保一監督率いる日本代表は23日、FIFAワールドカップ・カタール大会のグループリーグ初戦でドイツ代表と対戦する。そのドイツ戦のスタメンが公式発表されたが、MF守田英正(スポルティングCP)とDF冨安健洋(アーセナル)が先発メンバーから外れたことへの関心が高まっている。

森保一監督は今月17日の強化試合・カナダ戦でDF板倉滉(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)やFW浅野拓磨(VfLボーフム)と怪我明けの選手をスタメン起用。MF相馬勇紀(名古屋グランパス)が先制ゴール奪取で結果を残したものの、後半アディショナルタイムにPKから勝ち越しゴールを許して1-2で敗れていた。

またカナダ戦ではMF守田英正(スポルティングCP)やDF冨安健洋(アーセナル)がコンディション不良により欠場。MF遠藤航(VfBシュツットガルト)も脳震とうの影響を考慮してベンチ外となっていた。

そんな中で迎えたドイツ戦では、遠藤航や板倉滉がスタメン入り。主力選手のFW伊東純也(スタッド・ランス)やMF久保建英(レアル・ソシエダ)、MF鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)も先発に抜てきされた一方、守田英正と冨安健洋がベンチスタートに。FW南野拓実(ASモナコ)やFW浅野拓磨(VfLボーフム)もベンチスタートとなった。

この森保一監督の起用法には「期待しています!」、「ベストメンバーだな」、「勝ってくれ」といったコメントが数多く寄せられている。

その一方で守田英正と冨安健洋がスタメンから外れたこともあり「守田英正間に合わなかったか…」、「冨安健洋いないの不安…」、「守田と冨安不在はヤバい」、「DFラインが微妙…」といった声が上がっている。

またGK権田修一(清水エスパルス)がカナダ戦につづいて先発出場することに対して「権田修一頑張れ!」、「権田を信じよう」、「権田修一か…」、「大丈夫なのか」、「シュミット・ダニエルの方がいいんじゃないの?」といった声が沸き起こっている。

サウジアラビア代表がW杯優勝候補であるアルゼンチン代表相手に金星をあげたことで、森保ジャパンに対する期待感もさらに高まっている。果たしてブラジルW杯覇者のドイツ代表相手に勝利することはできるのだろうか。

© フットボール・トライブ株式会社