【W杯】日本代表、冨安や守田らスタメン落ちに悲嘆の声「ダメだったか…」「泣いてる」

ドイツ戦の日本代表スタメンに反響【写真:ロイター】

ドイツ戦のスタメン発表 「もう信じるよ!!!絶対勝てる!」のエールも

森保一監督の率いる日本代表(FIFAランキング24位)は、11月23日(現地時間16時キックオフ)にカタール・ドーハのハリーファ国際競技場でカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節のドイツ代表戦を迎えるなか、先発メンバーが発表された。DF冨安健洋(アーセナル)らがスタメン落ちし、「ダメだったか」「間に合わなかったか…」と悲嘆の声が上がっている。

ドイツ戦のスタメンが発表され、GK権田修一(清水エスパルス)、DFは板倉滉(ボルシアMG)、酒井宏樹(浦和レッズ)、長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)。MFは遠藤航(シュツットガルト)、久保建英(レアル・ソシエダ)、田中碧(デュッセルドルフ)、伊東純也(スタッド・ランス)、鎌田大地(フランクフルト)、FWは前田大然(セルティック)が入った。

一方、冨安は右太腿裏の怪我の影響、MF守田英正(スポルティング)は左ふくらはぎの違和感などでコンディションが万全とは言えずスタメン落ち。「間に合わなかったか…」「南野、冨安、守田がいなくて泣いてる」「かなり心配」「なぜいない」「ダメだったか」などの声が続出した。その一方、スタメンに送り出された選手たちに向けて「もう信じるよ!!!絶対勝てる!」とエールも寄せられている。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2