守田英正ベンチに代表OB「一番大事なのは…」冨安健洋の不安材料に言及も

冨安健洋 写真:Getty Images

森保一監督率いる日本代表は23日、FIFAワールドカップ・カタール大会のグループリーグ初戦でドイツ代表と対戦。日韓W杯の日本代表メンバーである解説の福西崇史氏が、ベンチスタートとなったMF守田英正(スポルティングCP)とDF冨安健洋(アーセナル)の状態に言及した。

守田英正と冨安健洋は今月17日の強化試合・カナダ戦でメンバー外。コンディションが万全でないとみられる中ドイツ戦でもスタメンから外れると「守田英正間に合わなかったか…」、「冨安健洋いないの不安…」、「守田と冨安不在はヤバい」、「DFラインが微妙…」といった声が上がっていた。

両選手のベンチスタートに対して、NHKの生中継で解説を務めている福西崇史氏は「怪我の再発が怖いけど、体力が回復しているかが一番大事」とコメント。長時間プレー可能かどうかが判断基準になっているという見解を示している。

また冨安健洋に関しては「冨安健洋の場合だと、筋肉系(トラブル)が気になる」と、森保一監督が起用に慎重な姿勢であると主張した。

© フットボール・トライブ株式会社