【W杯】ドイツ代表、日本戦直前にFIFAへ抗議行動 口を手で覆うジェスチャーに世界注目

ドイツ代表が試合前に手を覆う抗議行動【写真:ロイター】

LGBTQの権利への連帯を表した「ONE LOVE」腕章、FIFAが大会での着用に警告

森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦。試合前の集合撮影時にドイツの選手たちが手で口を覆うパフォーマンスを披露したなか、FIFA(国際サッカー連盟)への抗議行動として注目を集めている。

同性愛や同性との関係促進が禁じられているカタールなか、欧州の7チーム(イングランド、ウェールズ、ベルギー、デンマーク、ドイツ、オランダ、スイス)のキャプテンが、LGBTQ(性的少数者)の権利への連帯を表した「ONE LOVE」と記された虹色の腕章を腕に着用する予定だった。

しかしFIFAは、代表チームの選手らが着用した際に制裁を科すと警告。選手たちが処分を受ける可能性が浮上したため、欧州の7チームは着用を断念した。

そんななかで、日本戦の前に集合撮影に臨んだドイツの選手たちは口を手で覆うジェスチャーを披露。ドイツ国営放送「DW」の公式ツイッターは「ドイツは声明を出し、FIFAが自国や他の国々にOne Loveの腕章を付けるのを妨害したと批判」と報じた。
また衛星放送「ユーロスポーツ」は「W杯でFIFAがOne Loveの腕章を禁止したため、ドイツ代表が抗議」と報じている。

日本戦直前の行動に世界から注目が集まっていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2