【W杯】日本代表、前半だけで久保交代で冨安投入 本田圭佑が見解「残念だけどそうなる」

ハーフタイムで交代の久保建英【写真:徳原隆元 (FOOTBALL ZONE特派)】

本田が「ABEMA」でドイツ戦を解説

森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦。1点ビハインドで前半を折り返すと、MF久保建英(レアル・ソシエダ)に代えてDF冨安健洋(アーセナル)を投入し、「ABEMA」でカタールW杯プロジェクトのGM(ゼネラルマネージャー)を担当するMF本田圭佑は、「個人的に残念だけどそうなる」とやむを得ない采配との見解を示した。

日本は前半8分、MF鎌田大地(フランクフルト)がMFイルカイ・ギュンドアンからボールを奪うと、そのまま素早く右サイドのMF伊東純也(スタッド・ランス)に展開し、カウンターを発動。持ち込んだ伊東は中央へクロスを送ると、そこに走り込んだFW前田大然(セルティック)が合わせてゴールネットを揺らした。

日本の先制かと思われた場面でスタジアムには大きな歓声が上がったが、ここは前田がオフサイドポジション。得点は認められなかった。

次第に自陣に釘付けになってしまう時間が長くなった日本は前半31分、サイドチェンジで一気にフリーになったDFダヴィド・ラウムに対してGK権田修一(清水エスパルス)が飛び出したが、キープするラウムに距離を詰めたところでファウルを犯してしまいPKの判定。これをMFイルカイ・ギュンドアンにゴール中央へ蹴り込まれ、前半33分のゴールで0-1のビハインドを背負った。

さらに前半アディショナルタイム、ペナルティーエリア内で揺さぶられて最終的にFWカイ・ハフェルツに押し込まれた。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックでハフェルツがわずかにオフサイドと判定され、日本は1点ビハインドのままハーフタイムへの突入になった。

本田は前半の戦いについて、「悔しいけど(ドイツと)力の差はある。それが出た前半。いい取り方した時はチャンスになっている。どういい取り方するか」と総括。久保に代えて冨安が投入され、「タケが代わるか。個人的に残念だけどそうなる。3バックですね」とシステム変更に期待を寄せていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2