【W杯】「圭佑監督やれよ!笑」 本田の“5バック変更助言ツイート”に元日本代表DFが感嘆 「予想当たってるやん!」

本田の提言に元日本代表が言及【写真:徳原隆元 (FOOTBALL ZONE特派)】

元日本代表DF伊野波雅彦が本田のツイートに言及

ワールドカップ(W杯)に3回出場したMF本田圭佑は、「ABEMA」でカタールW杯プロジェクトのGM(ゼネラルマネージャー)を担当し、11月23日に行われたグループリーグ第1戦の日本代表対ドイツ代表で解説を務めている。その的確な分析に、元日本代表DF伊野波雅彦(南葛SC)は自身のツイッターで「圭佑監督やれよ!笑」とつぶやいている。

日本は前半8分、MF鎌田大地(フランクフルト)がMFイルカイ・ギュンドアンからボールを奪うと、そのまま素早く右サイドのMF伊東純也(スタッド・ランス)に展開し、カウンターを発動。持ち込んだ伊東は中央へクロスを送ると、そこに走り込んだFW前田大然(セルティック)が合わせてゴールネットを揺らした。

日本の先制かと思われた場面でスタジアムには大きな歓声が上がったが、ここは前田がオフサイドポジション。得点は認められなかった。

次第に自陣に釘付けになってしまう時間が長くなった日本は前半31分、サイドチェンジで一気にフリーになったDFダヴィド・ラウムに対してGK権田修一(清水エスパルス)が飛び出したが、キープするラウムに距離を詰めたところでファウルを犯してしまいPKの判定。これをMFイルカイ・ギュンドアンにゴール中央へ蹴り込まれ、前半33分のゴールで0-1のビハインドを背負った。

さらに前半アディショナルタイム、ペナルティーエリア内で揺さぶられて最終的にFWカイ・ハフェルツに押し込まれた。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックでハフェルツがわずかにオフサイドと判定され、日本は1点ビハインドのままハーフタイムへの突入になった。

「後半は5バックにしてボランチを3枚にする。ミュラーが降りたらボランチがみれる。相手の3バックには2トップでプレスかけて、反対側のCBだけフリーにしてOK。いずれにしても守備がハマらないと攻撃は厳しい」

本田はハーフタイムに自身のツイッターでこのように投稿していたなか、森保監督は後半開始からMF久保建英(レアル・ソシエダ)に代えてDF冨安健洋(アーセナル)を投入。5バック気味の最終ライン3枚に変更した。

本田の1歳年上にあたる元日本代表DF伊野波は「予想当たってるやん!」とツイートし、「圭佑監督やれよ!笑」と続けてその的確な分析に感嘆していた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2