ドイツ監督「敗北で重圧かかる」 痛恨の黒星発進

日本に敗れ引き揚げるドイツイレブン=ドーハ(共同)

 W杯ドイツのフリック監督は23日の初戦で日本に敗れ、「この敗北で重圧がかかる。日本は良いチームで素晴らしい選手がいる」と話した。試合前、「相手を過小評価していない」と話したように、ドイツに慢心はなさそうだった。出方をうかがうように慎重に試合を進め、ギュンドアンのPKで先制。しかし、後半に逸機を重ねて流れを失い、痛恨の黒星発進となった。

 2連覇を狙った前回大会はまさかの1次リーグ敗退。屈辱を味わったキミヒは初戦を前に「この時を長い間待たされた」と汚名返上へ燃えていた。勢いをつけたかった初戦で、厳しい結果が待っていた。

© 一般社団法人共同通信社