【W杯】「偉大なマスター」 日本代表、逆転勝利を呼ぶ“森保采配”を中国メディア称賛

森保采配に中国メディア注目【写真:ロイター】

1点ビハインドで迎えた後半に堂安、浅野が立て続けにゴール

日本代表は11月23日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でドイツ代表と対戦し、前半にPKで先制を許したが、後半に2得点を奪って2-1と逆転勝利を飾った。過去優勝4度を誇る強豪国相手に大きな価値ある白星を手にし、森保一監督の采配を中国メディアも「偉大なマスター」と称賛している。

日本は前半31分、ペナルティーエリア内でGK権田修一(清水エスパルス)がDFダビド・ラウムを倒してPKを献上。これをMFイルカイ・ギュンドアンに決められて先制を許し、0-1で前半を折り返した。

日本は後半開始と同時にMF久保建英(レアル・ソシエダ)を下げてDF冨安健洋(アーセナル)を投入し、3バックに変更した。同12分にはDF長友佑都(FC東京)に代えてMF三笘薫(ブライトン)、FW前田大然(セルティック)に代えてFW浅野拓磨(ボーフム)を投入。その後もMF田中碧(デュッセルドルフ)に代えてMF堂安律(フライブルク)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)に代えてFW南野拓実(ASモナコ)と攻撃的な選手を次々にピッチに送り込んだ。

するとこの采配がズバリ的中。同30分に左サイドから崩して堂安が同点ゴールをゲット。さらに同38分にはDF板倉滉(ボルシアMG)のロングボールに抜け出した浅野がネットを揺らして逆転に成功した。

中国大手サッカーメディア「タイタン・スポーツ」は、日本がボール支配率26%ながら、ドイツに1978年6月以来となる、W杯で前半リードしながら土を付けたことに触れつつ、「偉大なマスター、森保一」「2人の途中出場選手が殊勲」と采配を称えていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2