無冠は有り得ない!「世界最高の野球選手」大谷翔平を改めて振り返る

2022シーズン、投手として15勝、打者として打率.273、34本塁打、95打点。投打で素晴らしい成績を残しながら、タイトル獲得とはならなかったロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手。今シーズンを改めて振り返る。

大谷翔平が無冠という結果は論外である

今シーズンの大谷翔平は、二刀流として見ると、昨シーズン以上に投打に渡ってMLBのなかで見てもトップクラスの成績を残した。今年も歴史的に見て、伝説的な活躍となったシーズンといっても過言ではない。世界的にここまでスター性と実力を兼ね備えた選手がかつていただろうか。

NPBで例えるなら、投手としては山本由伸(オリックス)と同等の実力で、野手としては村上宗隆(ヤクルト)のようなバッターが二刀流として活躍している。

大谷翔平という存在自体が唯一無二である。打撃面では2年連続30本塁打を記録。投手としても、160km/h以上のストレート、ツーシーム、スプリット、カットボールなどを織り交ぜて、世界一に輝いたアストロズ打線に対しても臆することなく立ち向かい、抑えた。

シーズン中の自身のコンディションを見計らいながら、スタイルを変えて結果を残していくなど、さらなる成長を感じさせた。器用貧乏とは違い、高いレベルで選手としての引き出しの多さも見せたシーズンだった。サイ・ヤング賞にもノミネートされるなど、間違いないなく現在の「世界最高の野球選手」である。

下記は、今シーズンの成績である。

(参照:スポナビ

https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/player/2100825/top

投手成績を見ると、15勝と防御率2.33はリーグ4位。219奪三振はリーグ3位を記録して、奪三振率11.87に関してはリーグ1位である。

打撃成績は、打率.273こそリーグ25位であるが、34本塁打はリーグ4位。95打点はリーグ7位を記録し、長打率.519とOPS.875はリーグ5位を記録した。

長丁場のシーズンで二刀流として、投打においてここまで満遍なくリーグでトップクラスの成績を残すことは、凄まじいことである。成績もそうだが、600打席以上も立ちながら160回以上投げたうえで、二刀流として高いパフォーマンスを維持し続けた点を見ると、改めてフィジカル面のすごさにも驚かされる。

ひとりの選手が野球最高峰の舞台であるMLBにおいて、投打でここまでの成績を残したことがあっただろうか。対抗馬だったアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)が、リーグの本塁打新記録を樹立するなどすごかったことも認めるが、MLBにおいて史上初のダブル規定到達の大谷のほうがすごい選手なのは、普通に考えればわかることではないだろうか。

どちらが、今後、再現性が難しくすごい記録なのかは一目瞭然でわかるはずだ。

大谷が2年連続で成し遂げたことがすごすぎるがゆえに、大谷に対する評価が厳しくなっていることもあるだろう。しかし、野球やベースボールにおいて求められることは、打って投げて走って守ることだ。その求められていることを、ひとりで成し遂げているからこそ「世界最高の野球選手」なのは間違いない。

ただ、この表彰に限らず、一般的に扱われる評価の課題点としても見受けられた。実際のところ、昨シーズンの成績を基準値としたハードルで見れば、及第点だったものの全てが優秀であるがために、突出して尖った能力を持つ選手より、評価がされないこともある。そこに、二刀流に対する評価の難しさも重なったのだろう。

ひとりの野球選手として大谷のパフォーマンスを見ると、歴史上にいないレベルの選手であるため、来年以降は5年連続ぐらいでMVP獲得をしてほしいところだ。さらなるレベルアップをしたうえで、打者としては3割40本塁打100打点、投手としては15勝200奪三振、防御率2点台前半といった誰しもが認める圧倒的な成績を残して、大谷が正当な評価をされることを願いたい。

WBC出場を表明! 日本代表として世界一を目指す

先日、自身のInstagramのアカウントで、来年のWBC出場に関する投稿をした。もちろん大きなニュースにもなった。世界的に見ても、これだけのカリスマ性と実力を兼ね備えて、キャリアとしてみても全盛期にWBCに出場するのは、イチローや松坂大輔以来ではないだろうか。

大谷自身、前回大会では足の怪我により、大会直前に辞退したこともあり、強い気持ちで臨むだろう。さらに、北海道日本ハムファイターズ時代の監督である栗山英樹氏の下でプレーをすることになり、注目度も高くなる。

吉田正尚(オリックス)がメジャー移籍の話が飛び交うなかではあるが、移籍が決まればWBCへの出場は難しいだろう。そのなかで、打者としてもこのうえない選手である大谷が日の丸を背負う。打者として出場するのであれば、エンゼルスで慣れている2番、または3番での出場になる可能性が高いとみている。さらに、大谷が二刀流で出場可能となれば、出場選手の枠に余裕が生まれる。

さらに、大谷が出場することにより、共にプレーをしたい選手のモチベーションも高まっていくだろう。

▲WBC出場を表明した大谷 写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

NPB時代も圧倒的な実力で試合やシーズンを動かしていた

大谷はNPB時代も二刀流として活躍をしていたが、大谷がすごすぎることで、チームのバランスが崩れてしまうことも懸念材料である。

特に2015年と2016年、ひとりで結果をひっくり返すことが顕著に現れた。2015年のプレミア12の準決勝・韓国戦で先発としてマウンドにあがった大谷。大舞台で圧倒的なピッチングを披露。7イニングで85球を投げて1安打無失点で、2塁すら踏ませずに14奪三振のショータイムを演じてマウンドを降りた。

しかし、そこから悪夢が生まれた。後続の則本昂大や松井裕樹、増井浩俊がことごとく攻略されてしまい、大事な試合で大逆転負けを喫した。この要因は、則本の回跨ぎなどの起用法も挙げられるが、大谷がバランスブレイカーとして活躍しすぎたことにより、投手陣が相対劣化した結果と言えるだろう。

2016年は大谷がプロ野球の歴史を変えたシーズンだった。

当時、磐石の強さを誇っていたソフトバンクに11.5ゲーム差をつけられていたが、大谷を中心とした日本ハムは、そのゲーム差をひっくり返して大逆転優勝を成し遂げた。

この年の大谷は、NPB史上初となる投手と指名打者の両部門でベストナインのダブル受賞を獲得。二刀流としての活躍も認められ、文句なしのシーズンMVPに選出された。

エースとして見ても、5月中旬から7連勝を記録。そのなかで7月3日のソフトバンク戦では「1番・投手」として先発出場すると、プレイボール直後の初球を右中間スタンドに叩き込む初球先頭打者を放ち、先制パンチをお見舞いするなど印象的な活躍を見せた。優勝争いをしていたソフトバンク戦の成績は4戦2勝で防御率1.26を記録。打者としても、打率.411、 9本塁打、16打点、OPS1.365を記録した。

当時3連覇を狙っていたソフトバンクからすると、日本ハムというよりも「大谷翔平」という選手が大きな壁になっただろう。

最終的には、規定未到達ながらも二刀流として二桁勝利・3割20本塁打を記録。また、130イニング以上限定で、シーズン奪三振率も2019年に千賀滉大(ソフトバンク)に抜かれるまでは、歴代最高の11.9を記録し、間違いなく2016年のプロ野球の顔となった。この年のようにNPB時代から、シーズンそのものをひっくり返してしまう力を見ると、今のMLBで見せている活躍ぶりも納得できるのではないだろうか。


© 株式会社ワニブックス