佐久間宣行Pが語る『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力とは?

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

11月25日に『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて初放送されるアニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。テレビプロデューサー・演出家の佐久間宣行が、その魅力を語った。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』シリーズは昨年、『金曜ロードショー』で「TVシリーズ特別編集版」と「外伝」が放送され、2週連続ツイッター世界トレンド1位になるなど、大きな話題となった。シリーズ完結編となる『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は2020年に公開され、興行収入21.3億円のヒットを記録。京都アニメーションによる圧倒的映像美と心揺さぶるストーリーで、日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞している。

本シリーズに魅了されたという佐久間は、シリーズについて「脚本・演出・作画・演技・音楽、全てのレベルが異常に高いこと。どの部分を切り取っても、どの瞬間を見ても、毎回新しい感動があります。そして、“想いは伝わる” “人は変われる”という愛と成長の物語が1度もぶれないことが素晴らしいと思います」と熱弁。

今回放送の劇場版については「劇場版は、今までシリーズで培ってきたそれぞれの想いを、どれひとつこぼさずにすくい上げ、物語に編み上げてくれる素晴らしい完結編だと思います。京都アニメーションの作品はできるだけ見ているのですが、この作品は時間ができたら見ようと先延ばしにしていました。しかし、あまりの評判に配信サイトで一気観したら、その素晴らしさに驚きました。妻と娘にも伝えて、その週末にリビングで2人とも号泣していました」と大絶賛。

主人公・ヴァイオレットの魅力は「感情を失っているときも、他者の気持ちに触れるときも、自分の想いを言葉にするときも、常に真剣なところです」としたうえで、「彼女がひとつひとつ取り戻していくさまに、見ている僕たちも、生きていく中で忘れていた思いやりや愛情を再発見することになるので」とその理由を明かした。

また自身の好きなセリフについても言及し、「TVシリーズでは第10話の『人には届けたい想いがあるのです。届かなくていい手紙なんてないのですよ』というヴァイオレットのセリフ。この物語を象徴するセリフの1つだと思いました。愛を知らなかったヴァイオレットの人間的な成長は、他人への愛を知ることで遂げるという意味でも感動的でした」とコメント。

続けて「劇場版での好きなセリフは『そして“愛してる”を知ったから……“愛してる”を伝えたいと思いました』という終盤の(ヴァイオレットが書いた)手紙での言葉です」と、それぞれ明かした。

アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて11月25日21時放送(放送枠40分拡大)。

© ブロードメディア株式会社