【W杯】「浅野と並ぶゲームMVP」 日本代表OBがドイツ戦大金星の立役者の1人に挙げたのは?

日本代表GK権田修一【写真:徳原隆元 (FOOTBALL ZONE特派)】

【専門家の目|栗原勇蔵】PK献上は反省材料も、それ以上に評価されるべき好守の数々

森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は、11月23日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でドイツ代表(同11位)に2-1で逆転勝利を飾った。元日本代表DF栗原勇蔵氏は、好守連発により最少失点で切り抜けたGK権田修一(清水エスパルス)をFW浅野拓磨(ボーフム)と並んでゲームMVPに挙げている。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

◇ ◇ ◇

FW前田大然(セルティック)を1トップ、MF鎌田大地(フランクフルト)をトップ下として起用した日本。前半8分に鎌田がドイツMFイルカイ・ギュンドアンからボールを奪うと、そのまま素早く右サイドのMF伊東純也(スタッド・ランス)に展開し、カウンターを発動した。

持ち込んだ伊東は中央へクロスを送ると、そこに走り込んだ前田が合わせてゴールネットを揺らした。日本の先制かと思われた場面でスタジアムには大きな歓声が上がったが、前田がオフサイド判定となって得点は認められなかった。日本はその後ドイツに徐々に主導権を握られ、前半33分にはギュンドアンのPKで先制され、0-1でハーフタイムを迎えた。

森保監督は後半開始と同時にMF久保建英(レアル・ソシエダ)を下げてDF冨安健洋(アーセナル)を投入し、3バックに変更した。同12分にはDF長友佑都(FC東京)に代えてMF三笘薫(ブライトン)、前田に代えてFW浅野拓磨(ボーフム)を投入。その後もMF田中碧(デュッセルドルフ)に代えてMF堂安律(フライブルク)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)に代えてFW南野拓実(ASモナコ)と攻撃的な選手を次々にピッチに送り込んだ。

するとこの采配がズバリ的中。同30分に左サイドから崩して堂安が同点ゴールをゲット。さらに同38分にはDF板倉滉(ボルシアMG)のロングボールに抜け出した浅野が名手マヌエル・ノイアー相手にネットを揺らして逆転に成功し、2-1で劇的な白星スタートを飾った。

強豪ドイツ相手にゴールマウスを託された権田は、前半31分にペナルティーエリア内でMFダビド・ラウムを倒してPKを献上してしまった。しかし、後半25分にはMFヨナス・ホフマン、FWセルジュ・ニャブリのシュートを立て続けにセーブ。さらに、直後の同26分にはニャブリのヘディングシュート、そのこぼれ球を押し込もうとしたニャブリの一撃を身体を張って防ぎ、圧巻の4連続セーブでチームのピンチを救った。

元日本代表DF栗原氏は、PK献上の事実に関しては「良くないけど」と前置きしたうえで、「権田が出て行かないと失点に近づいていたので、仕方ない部分はあります。そこで集中を切らさず、冷静に立て直したと思います」とその後のプレーを評価した。

「2点目を取られていたら、たぶん試合は終わっていた。追加点を与えなかったのは、一番の重要ポイントだったと言っていいでしょう。4連発セーブで完全に流れを引き寄せた。権田は、勝ち越しゴールの浅野と並ぶゲームMVPだと思います」

大会直前に行われた11月17日の強化試合カナダ戦(1-2)ではハイボールの処理に不安を残し、厳しい声もあった権田だが、本番、しかも強豪ドイツ戦で殊勲のパフォーマンスを披露してみせた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2