日本代表の順位がすごい!海外サイトが選ぶ「2022W杯最強ユニフォーム11着」

ついに開幕した2022年ワールドカップ。

ここでは、英国の『soccerbible』による「今大会のベストユニフォーム10着」を見てみよう。

11位 クロアチア

「10着といったが、これを除外するのはあまりに勿体無い。ホームユニはテトリス柄、アウェイは暗闇で光るチェス。両方ほしい」

10位 ベルギー

「アウェイがホームと同じくらいよかったなら、トップ3に入っていただろう。とはいえ、彼らのせいではない。ホームユニの袖に描かれた炎の柄に続くのは不可能だ。ホームユニは10点満点だが、4歳児がデザインしたようにも見えるのは謎」

9位 アルゼンチン

「彼らもベルギーと同じ理論が当てはまる。サッカーゲームFIFAで砂糖まみれの子供がデザインしたように見えるが、奇妙なことに完璧にハマっているのだ。ホームは典型的なスマートさがある。もし、すでに別のアルゼンチン代表のホームユニを持っているなら、急いで買う必要はないが、ソリッドな出来だ」

8位 セネガル

「Pumaのなかではこれがオススメ。ホームユニはセネガルのエネルギーが注入されており、襟と袖で自らを勝者にする。アウェイは年月が経てば、よりアイコニックなものなるはず。我々はこのテンプレートデザインが気に入っているが、より上位にすることを制限するものでもある」

7位 イングランド

「アウェイが素晴らしいのは分かっていたこと。あの襟をエリック・カントナのようにフェル・フォーデンやジャック・グリリッシュが着こなす姿を想像してほしい。もし、ホームユニが発表された時にリストを作っていたら、イングランドはもっと下位になっていただろう。だが、ピッチ上で見てみると、我々と同じようにかなりの引き戻しがあったはずだ」

6位 フランス

「フランスはとにかくエレガントかつスタイリッシュですな。ホームはシャープ、アウェイはディティールにこだわっている。1998年のデザインに大胆なファクターを持っているか?ノーだ。ただ、彼らはレプリカユニフォームをよりライフスタイルなアプローチで補完した。それは評価する。今後数年で少し忘れられてしまうものかもしれないが」

5位 韓国

「彼らはグループステージで3連敗するかもしれないが、このデザインは正当な理由で記憶されるだろう。もし、黄金の息子(son)であるソン・フンミンがチームを決勝トーナメントに進ませるようなことがあれば、このデザインはアイコニックなものになるはずだ」

4位 メキシコ

「死、税金、メキシコの素晴らしいW杯のユニフォームコレクション、これは人生で確実なものだ。観念的なパターンにあふれたadidasの傑作のひとつ」

3位 ブラジル

「ライトに照らされたアウェイユニはまさにW杯ユニフォームの象徴だ。一方、ホームユニは一見すると地味に見えるが、全身に施されたグラフィックがさりげなく光る芸術品。NikeのW杯ユニフォームのなかでベスト」

2位 日本

「W杯ユニが酷かったことが一度もないエリートクラブの一員。W杯の度に日本に恋する人はいるか?今大会もそうなるはず。このユニフォームはあらゆる意味で魅力的だ。我々はイングランドがグループステージで3戦引き分けに終わったら、これを着るだろう。20年後に買っておけばよかったと思うユニフォームだ」

1位 ドイツ

「ドイツのブランドであるadidasが自国の代表ユニにより力を入れているとは言わないが、彼らは決してミスることがない。毎年、ホームはより良いものに仕上げている。だが、ホームとアウェイのコンボとしてはドイツ史上最高かもしれない。ドイツが全てを勝ちとってきたこともご存知でしょう」

【関連】日本代表、「買っときゃよかった」な歴代“W杯ユニフォーム姿”6選

soccerbibleはインスタグラムのフォロワー数が600万人近いギア系サイト。そこで日本代表のW杯ユニフォームは大絶賛されていた。

© 株式会社コリー