JR東日本 利用低迷72区間に コロナ前から増加 群馬県内では上越線と吾妻線の一部

【資料】吾妻線の終点「大前駅」

JR東日本は24日、1キロ当たりの1日平均乗客数が2000人未満だった地方路線が2021年度は36路線の72区間だったと発表しました。新型コロナウイルス流行前で、35路線の66区間だった2019年度から拡大した形です。

一方で、収入から費用を差し引いた収支を2019年度の66区間に限って比較すると、赤字額の合計は約693億円から約679億円に改善しました。これについてJR東日本の担当者は「コスト削減や運営の効率化によるもの」と説明しています。

個別の区間で赤字額が最も大きかったのは羽越本線の村上駅(新潟県)―鶴岡駅(山形県)間の49億9800万円でした。また、群馬県内では、吾妻線と上越線の一部が含まれています。具体的には、吾妻線が長野原草津口駅と大前駅の間で赤字額は4億8600万円と2019年度より2100万円増加し、上越線が水上駅と越後湯沢駅(新潟県)の間で赤字額は15億9200万円と2019年度より2000万円増加し、いずれも赤字額が増えました。

すでに2021年度の線区別収支を公表したJR北海道やJR四国やJR九州に続いて、地方の利用低迷が浮き彫りとなった形です。

© 群馬テレビ