中国産キャビアが日本で高い人気、RCEP発効で輸出拡大

中国産キャビアが日本で高い人気、RCEP発効で輸出拡大

衢州鱘竜水産食品科技開発の工場で新鮮なキャビアを加工する従業員ら。(資料写真、衢州=新華社配信)

 【新華社衢州11月24日】中国浙江省衢州(くしゅう)市の食品加工会社、衢州鱘竜水産食品科技開発では、新鮮なキャビアを従業員らが丁寧に加工し、世界各地に輸出している。

中国産キャビアが日本で高い人気、RCEP発効で輸出拡大

加工後のキャビアを検査する衢州鱘竜水産食品科技開発の従業員ら。(資料写真、衢州=新華社配信)

 今年に入ってから、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の関税優遇制度の助けを借りて日本市場の開拓を加速し、輸出量を大きく伸ばした。同社のキャビアは日本で高い人気を得ている。キャビアはチョウザメの卵の塩漬けで、生産量が少ないことから「黒いダイヤ」とも呼ばれる。

中国産キャビアが日本で高い人気、RCEP発効で輸出拡大

杭州税関管轄下の衢州税関が中国のキャビア輸出企業に発給した原産地証明書。(資料写真、衢州=新華社配信)

 杭州税関の統計によると、同社が1~10月に日本向けに輸出したキャビアは前年同期比2.6倍の6.7トンとなった。(記者/魏董華)

© 新華社