C・イーストウッドが楽曲の偉大さを語る 『モリコーネ 映画が恋した音楽家』本編映像

2023年1月13日に公開される映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』の本編特別映像が公開された。

本作は、映画音楽の巨匠、故エンニオ・モリコーネの葛藤と栄光に迫る音楽ドキュメンタリー。1961年以来、500作品以上の映画とTV作品の音楽を手がけたモリコーネは、2020年7月、享年91歳で逝去。『ニュー・シネマ・パラダイス』『荒野の用心棒』『アンタッチャブル』『ヘイトフル・エイト』など、モリコーネが音で命を吹き込んだ45作品にも及ぶ数々の映画の名場面と、日本公演を含むワールドコンサートツアーの演奏で、巨匠の伝説を紐解いていく。モリコーネともタッグを組んでいたジュゼッペ・トルナトーレが監督を務めている。

このたび公開された本編映像は、マカロニウエスタンブームの引き金となったセルジオ・レオーネ監督作『荒野の用心棒』(1964年)のテーマ曲“さすらいの口笛”誕生の秘話や当時の想いを、主演を務めたクリント・イーストウッドやモリコーネ本人が語っているシーン。

すべての発端は、小学校時代の同級生だったレオーネ監督から「『荒野の用心棒』はこの雰囲気だ」と、黒澤明監督『用心棒』(1961年)の映像を見せられたことからだったという。

レオーネ監督の要望を受けたモリコーネは早速、彼のイメージに合うように米国の歌手のためウエスタンの曲を独創的に編曲。その上でさらに、全てをオリジナルでゼロから楽曲を書き直すという変遷を経て、結果的に、それまでの映画音楽ではほぼ使われることの少なかった「口笛」や「チャルメラ」、「金床」「鐘の音」なども効果的に楽曲として採用。“さすらいの口笛”に象徴されるように、シンプルながらも記憶に残るこれらの独創的なメロディが生み出された秘話が明かされている。

『荒野の用心棒』の主演を務めたイーストウッドは、「当時あれほどオペラ的な西部劇の曲はなかった」と振り返る。本作以降、モリコーネ以外とはタッグを組まず、その監督と作曲家という関係を超え、創作においても彼に全幅の信頼を置いていた、というレオーネ監督の逸話も残るほど、周囲の予想を遥かに超える革新的な音楽を生み出し続けたモリコーネの作曲の秘密、そして想いが垣間見えてくるようなシーンとなっている。(リアルサウンド編集部)

© 株式会社blueprint