<コラム>『silent』紬は“想の今の声”を知らない…最終回へ向けてのドラマチックにどう影響するの!?

は今クール、世間で最も“語り”のあるドラマでしょう。

例えば、有名どころでは“てんとう虫”についての “語り”。第3話の終盤に登場した、主人公・紬(川口春奈)の彼氏(当時…涙)である湊斗(鈴鹿央士)の手にとまった“てんとう虫”は、“しあわせの象徴”と言われているんだけど、そこから飛び立った“てんとう虫”のその向こうに、紬が今も思いを残す元カレの(現、彼氏…複雑)想(目黒蓮)が現れる…。つまり、自らの手に留まっていたはずの“しあわせ”が、飛び立った…。その先には、紬が今も思っている想がいる…。という、とてつもない“語り”が詰まったシーン。

第3話より

で、その“てんとう虫”は、紬と想の思い出の曲、スピッツ「魔法のコトバ」のジャケットにも登場しているし(これはかつての“しあわせの象徴”ともとれるわけでしょう)、その第3話を経て、前回の第7話にて、想が図書館で偶然出会った少年に手渡した図鑑の表紙が“てんとう虫”で、かつ、想が“しあわせの象徴”を掴んだその向こうには、想に思いを寄せながらも叶わなかった奈々(夏帆)がいる…。

第7話より

という、もう何から“語り”始めればいいのかわからないほどの詰まりに詰まった“語り”の連続。でもって、もっかい、第3話を振り返ってみると、湊斗は手にとまった“てんとう虫”に息を吹きかけていて、それはまるで、自ら“しあわせ”=“紬”を手放しているようにも見える…。うんうん、湊斗って、そういうヤツだもんな…うんうん、とか思ったりやんやで…。

と、ここまで。冒頭長々と“語り”ましたが、全部、誰かの受け売りです。自分で発見したものは一つもありません。“てんとう虫”が“しあわせの象徴”だってことも、もちろん「魔法のコトバ」のジャケットだってことも知らなかったし、なんなら第3話で湊斗の手に“てんとう虫”がとまってたことすら見逃してたし(ひどい)、第7話で想が手にした図鑑の表紙が“てんとう虫”だったってことも、当然、全部、あとから知りました。そうです。僕、真面目にドラマを見ていたつもり、だったんだけど…もちろん『silent』最高じゃん!って熱心に見ていたつもり…なのですが、もっともっと熱く『silent』を見ている方たちと比べれば、それ系の“語り”については、到底足元にも及ばないレベル…なのです。

うん、とはいったって、僕だって『silent』を“語り”たい!!“てんとう虫”関連にちっとも気づかなくても、僕なりに『silent』を“語り”たい!!

っというわけで、このコラムは、僕が最も得意とする、ドラマの“外側の視点”から、“語り”たいと思います。独断と偏見と妄想で長いです。ご了承ください。

フジテレビの恋愛ドラマ、ヒットはいつ以来?

①「フジテレビの恋愛ドラマ、ヒットはいつ以来?」問題に決着

まず、急にこれ。『silent』をかなりの俯瞰(ふかん)から“語り”たいと思います。

フジテレビは90年代、恋愛ドラマにおいては王者でした。もう圧倒的な王者。むしろフジテレビしか恋愛ドラマをつくってないんじゃないか?くらいの勢いで独壇場でした。で、その、フジテレビが恋愛ドラマにおいて王者というのは、今でも語り継がれる名作『東京ラブストーリー』(1991年)や『101回目のプロポーズ』(1991年)、『ロングバケーション』(1996年)『やまとなでしこ』(2000年)という、パッと思いつくそれらの作品だけ、で成り立ってきたのでは当然ありません。

今や知らない人も多いであろう、少年鑑別所の中で恋愛(『リップスティック』/1999年)、国家スパイと恋愛(『二千年の恋』/2000年)、第1話でもう“できちゃった”のに恋愛(『できちゃった結婚』/2001年)などなど…、フジテレビはいついかなるときも、常に“恋愛”してきたのです。だからこその王者、だったのです。

なのに、最近はいかがでしょう?恋愛ドラマの伝統枠 “月9”は、『海月姫』(2018年)以来、恋愛には手を出さなくなったし、この『silent』を放送している「木曜劇場」も、昨年から恋愛ドラマシフトの傾向があるにはあるけれど、どれも世間を巻き込んでの“ヒット”という点ではまだまだ物足りない。“王者”が鳴りを潜めていたのです。だからこそ僕は、恋愛ドラマを、フジテレビドラマを、ずっと追いかけて来た僕としては、こんな問いがずっとあったのです。そうです。「フジテレビの恋愛ドラマ、ヒットはいつ以来?」問題です。この、長年に渡って起点しか存在しない問いとともに、僕は勝手に、雨の日も風の日も、フジテレビとともに、並走してきたのです(?)

ですが、ようやくです。『silent』によって決着しました。“ヒット”は今の時代、視聴率がどうこうではありません。視聴者をどう巻き込んだか?そして何より、恋愛ドラマ=世間のトレンドとなれるか?作品の完成度がいかに高いか?という点で『silent』は、まぎれもなく“ヒット”に違いありません。本当に、ようやく、です。ありがとう!『silent』!!

うん、じゃあ、一体『silent』は、いつ以来の「フジテレビの恋愛ドラマのヒット」なのか?ですね。それはですね、僕的にはですね…。『電車男』(2005年)以来と結論づけます!!(※)2005年から17年ぶりの恋愛ドラマのヒット!!おめでとうフジテレビ!!ありがとう『silent』!!!

※視聴率という点では『プロポーズ大作戦』(2007年)、トレンドという点では『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(2009年)、恋愛ドラマのスクラップアンドビルド的な観点では『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(2015年)も捨てがたいのですが、視聴率・トレンド・エポックメイキング的なのを含めた“総合力”という点で、僕は『電車男』以来、としました。異論ありましたら受けつけます。僕の納得次第で訂正します。

すっごく“恋愛純度”の高いドラマ…だと思いませんか?

②“恋愛純度”高すぎ

①にて、「フジテレビの恋愛ドラマ、ヒットはいつ以来?」問題に僕が勝手に決着をつけましたが、そこに“恋愛純度”まで基準に加えるとさらに混迷を極めます。“恋愛純度”の高さ、それは、いかに物語を“恋愛のみ”で費やしているか?です。先の『電車男』は、オタク青年とお嬢様OLとの恋物語なので、主人公の成長物語と並行して、さまざまな掲示板住人が登場し、その友情物語も描くことでサブストーリーが自ずと生まれていきました。なので“恋愛純度”という点では、他の恋愛ドラマより濃度は低くなってしまうし、そもそも『電車男』を恋愛ドラマと認識していない人も多いことでしょう。

また、昨年から続いている「木曜劇場」の恋愛ドラマラインナップを振り返ってみても、『知ってるワイフ』=タイムスリップのSF、『レンアイ漫画家』=漫画創作での疑似恋愛、『推しの王子様』=“乙女ゲーム”開発のお仕事ドラマプラス、『純愛ディソナンス』=教師と生徒の恋~失踪事件~不倫という激動展開、とどれも“恋愛”に特化していたか?“恋愛純度”は高かったか?といわれると、そこまでではなかったでしょう。

では『silent』。かつての恋人同士が“音のない世界で出会い直す”という、“手話”を用いた物語なので、“音のない世界”であることの葛藤や結びつき、また家族も巻き込んだ人間ドラマの要素ももちろん多く含まれてはいますが、“音のない世界”をことさら悲劇的に描いたり、職業にフィーチャーしたお仕事ドラマを見せたり、誰かに憎しみをぶつけて急展開を作るわけでもない…。周辺人物を巻き込みながらも、ただただ主人公カップルの紬と想二人の恋愛に注視していく…すっごく“恋愛純度”の高いドラマ…、だと思いませんか?

で、この“恋愛純度”の高さ。僕が以前、勝手に計測した『東京ラブストーリー』の99.2%を凌駕しそうな勢いです。

いやもちろん、家族との描写は?とか、想が“音のない世界”へ向かっていった際の苦悩は?とか、細かいことを言い始めれば、何をもって“恋愛純度”なのか?が迷子になってしまうわけですが、とにかく『silent』の“恋愛純度”の高さ、視聴者のみなさんもきっと感じてくれていると思います。

※『東京ラブストーリー』において恋愛と関係なさそうな描写は、第1話中盤の“新作ウェアが届かない!危機一髪!!”というお仕事パートのたった約4分間のみ。FODでの配信時間で計算、46分×全11話=計506分の内の4分間。全体の0.8%!!

誰が、何を、知っているか?――より切なく、よりドラマチックに

③“誰が、何を、知っているか?”で見えてくるもの…

今作のすごいところは、“誰が、何を、知っているか?”のその匙(さじ)加減。例えば第1話。このドラマの骨子はさっき書いたように、“かつての恋人同士”が、“音のない世界”で、“出会い直す”ということ。よって、連続ドラマの第1話をまず考えたとき、視聴者にこれからの3ヵ月間、長旅に付き合ってもらうには、ある程度の“インパクト”が必要になると考えるでしょう。

で、そうすると、“かつての恋人”が、“音のない世界”にいることを、“まず最初に”ドラマ内の“誰かが知る”という場面を作るならば、当然“インパクト”という点で、“主人公”で間違いないでしょう。だって主人公と視聴者が同時に“かつての恋人”が、“音のない世界”にいたと“知る”。その方が、より共感度は高まるし、何よりその方が“インパクト”がある、と考えるじゃないですか。けれどこのドラマはそうはしなかったのです。

“誰かが知る”の最初の人物は、紬の当時の恋人であり、想の友人でもあった湊斗。しかも、想の妹である萌(桜田ひより)とのとてつもなくさりげない会話の中で“知る”ことになるのです。で、またこの場面、湊斗がそれを“知る”ことで、ことさらうろたえるわけでなく、少しの動揺と、ちょっぴり不穏なBGMとともに、後ろ姿で階段を駆け上がる湊斗のバックショット(かつロングショット)のみ。この第1話の肝とも言える場面に一切の“インパクト”を施さなかったのです。

第1話より

でもどうでしょう?ドラマ上で最も先に知るべきだった人物=紬ではなく、湊斗が先に知ったことによって、その“気まずさ”が僕らに伝染しませんでしたか?それによって第1話ラストの“紬が知る”場面がより切なく、よりドラマチックに演出されたと思いませんか?そこがいまだかつてないといっていい、構成の妙だったのです。

第1話より

で、現在、第7話終了時点での、“誰が、何を、知っているか?”は、“想の今の声”でしょう。

“想の今の声”=想が実は今も喋ることができる、という事実は、このドラマにおいて、とてつもない重要事項でしょう。けれどここも、“音のない世界”にいたことを知る場面と同じく、唐突に、そして何より異常なまでにさりげなく開示されました。こちらは第3話の終盤。想の家にやってきた妹・萌に対して、突然想が、何気なく“喋る”のです。ここ、次の第4話の序盤で、湊斗に向かって想がふと“喋る”シーンへの布石にもなるのだけど、そうはいっても、“インパクト”を重視するなら、最初に想が“喋る”シーンを視聴者に見せるのであれば、妹へ、ではなく、湊斗へでしょう、いや、なことより、最初に“想の今の声”を聴かせる場面は紬へ、でしょう。

普通であればあり得ないといっていいこの構成。しかも、普通じゃない感じにしてみましたという、“あえて感”や“あざとさ”や“テクニックの開陳”すら見せない、とんでもなくナチュラルにやってのけるというすごさ。“誰が、何を、知っているか?”その匙加減によって、視聴者を吸引し、今まで見たことのないドラマに仕上げているのです。

そして第7話が終わったこの時点で、まだ紬は“想の今の声”を知りません。第7話のラストで紬に喋ろうとするも、やめてしまう…というところで止まっています。さて、このことは最終回へ向けてのドラマチックにどう影響するのでしょうか。はたまた、まだ僕らが気づいていない“誰が、何を、知っているか?”によってドラマが展開されていくのでしょうか…。とにかく、見逃せません。

第7話より

そのほか、湊斗の先回り感(紬の気持ちを先回りして“別れる”とか、ホントどうかしてる)その恐ろしさは『東京ラブストーリー』のさとみ(有森也実)に匹敵するなとか、普通だったら場面を変えて端折(はしょ)っていいはずなのに“今カレvs元カレの気まずいシーン”をあえて作る生方(美久)先生の脚本(またこのシーンがいいんだ)と、湊斗に想と“話し合え”とか言う紬(第4話)ってとてつもないなとか、“ギリ別れてる状態”から“別れる”、というほんのちょっとの機微だけで1話使った第5話のすごみとか、Official髭男dismの主題歌「Subtitle」の歌詞とドラマ世界観との一致感は『眠れる森』(1998年)の竹内まりや(「カムフラージュ」)以来だよねとか、なことより想の友人(…という言い方がもう切ない)奈々のコト、もっと触れとけばよかったなとか、それぞれ1つずつの話題をとりあげれば日刊連載できそうな勢いですが、こんなに四方八方から“語り”があり、そして多くの視聴者が“語り”はじめるドラマは久しぶり、でしょう。

僕は結末を予想したり、あのセリフがどうとかこうとか、てんとう虫のやんややんやの“考察”は一切しない…ドンシンクフィールの精神でドラマを楽しむ派、なので、最後まで、自分が見たままの『silent』を、堪能していきたいと思います。

text by 大石庸平(テレビ視聴しつ 室長)

© 株式会社フジテレビジョン