目黒蓮、盟友ラウールまで心配する「超多忙」ぶり 俳優業とアイドルを並行するジャニーズの宿命、平野紫耀は帯状疱疹に

「Snow Man」の目黒蓮(左)とラウール

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』第8週めから「Snow Man」の目黒蓮(25)が登場し、話題を呼んでいる。

目黒は、福原遥(24)が演じるヒロイン・舞の航空学校の同級生・柏木弘明を演じている。父が国際線のパイロットで、母は元CAという“航空一家”に育ったエリートという設定だ。

現在、話題のドラマ『silent』(フジテレビ系)にも出演し、好評価を得ている目黒。高校卒業後に聴力を失った役柄を演じるために、クランクインの数カ月前から演技に必要な「手話」を練習していたという。

2本のドラマ撮影を同時進行で抱えるだけでもたいへんだが、目黒は12月2日から公開予定の映画『月の満ち欠け』にも出演しており、11月21日には、公開よりひと足先におこなわれた舞台挨拶に登壇していた。

もちろんジャニーズ・アイドルとしての活躍も並行中で、現在は全国ツアー「Snow Man LIVE TOUR 2022 Labo.」の真っ只中だ。年末には『NHK紅白歌合戦』への出場も決定している。

さらに年が明けても、初の単独主演映画『わたしの幸せな結婚』の公開が2023年3月17日に控えており、“超多忙”状態だ。

「レギュラー出演中の『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)では、スタッフから『目黒君、頑張って』とカンペが出ていた、とナインティナインの岡村隆史さんが明かしていました。それほど、忙しいなかで仕事をこなしているんです」(芸能記者)

フル稼働状態の目黒を心配する声は、ファンからも上がっている。

《ニュース見てると目黒蓮関連のニュースばかり!話題の人すぎる! 働きすぎでは!?体とか心配だよね》

《俳優目黒蓮マジですごい 多忙な中で倒れないか本当に心配だけど》

《あまりにも蓮くんが多忙すぎて心配だなと思います、、蓮くんの活躍を受け取れること、とってもとっても嬉しいのでこれからの益々のご活躍をお祈りすると共にどうか心も身体も休まる時間がありますようにと思うばかりです、、》

心配を寄せているのは、ファンだけではない。同じSnow Manメンバー、ラウール(19)が「ザテレビジョン」2022年12月号の連載で、目黒にこうエールを送っていた。

《今、極限まで頑張るところは尊敬するけど、体だけには気をつけて欲しいよね。それは心から!》

芸能界でスターの階段を上るために、多忙な日々を過ごしてきたのは目黒だけではない。

「人気アイドルメンバーの宿命と言ってもいいかも知れません。現在『クロサギ』(TBS系)で主演しているKing&Princeの平野紫耀さんも、アイドル活動と俳優の仕事を並行してきた時期がありました。

平野さんは2021年の夏、映画『かぐや様は告らせたい』の出演に加えて、グループのコンサートツアー、『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティを務めるなど、多忙を極めていました。

そのころに掲載された雑誌のインタビューで、『帯状疱疹になっちゃった』と告白していたんです。帯状疱疹は水疱瘡と同じウイルスから起こる皮膚の病気で、疲労やストレスなどによって免疫力が低下した状態で発症することが多いので、ファンからは心配の声が上がっていました。

Kinki Kidsの堂本剛さんも、10代、20代のころは音楽活動とドラマの出演が重なることが多く、体調面の心配は絶えませんでした」(前出・芸能記者)

世間では“働き方改革”が叫ばれるが、売れっ子が重宝される芸能界では、まだまだ難しい問題なのかもしれない。

© 株式会社光文社