<TAMA映画賞>広瀬すず、最優秀女優賞 『流浪の月』撮影時は「生きてきた中で一番自分の心が弱っていた」

「第14回TAMA映画賞授賞式」に登壇した広瀬すず クランクイン!

女優の広瀬すずが26日、都内で行われた「第14回TAMA映画賞授賞式」に出席。最優秀女優賞を受賞し、映画『流浪の月』の撮影を「一番自分の心が弱っていました」と振り返った。

TAMA映画賞は多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢を見せてくれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。

広瀬は本年度最も心に残った女優に贈られる最優秀女優賞を受賞。映画『流浪の月』において、過去の傷を背負い生きてきた更紗が愛する人との再会によって抑圧から解放され、溌剌と息づく様は燃え立つ愛の炎のように静かな美しさを放っていたという理由から受賞した。

広瀬は「このような素敵な賞をいただけて、まっすぐ更紗と向き合いながら一生懸命生きてよかったなとすごく思っています」とコメント。自分の中では苦しい撮影だったと明かし「今こうして『流浪の月』という作品が多くの方に届いていたんだなと思うと、本当に踏ん張ってよかったなと思います。(李相日)監督や(松坂)桃李さん、支えていただいた方がたくさんいらっしゃったので、こういった形で少しでも恩返しができてよかったと思っています」とかみしめた。

広瀬は更紗を演じたことについて「生きてきた中で一番自分の心が弱っていましたね。何を見ても苦しかったというか、何を感じても苦しくて。割とずっと混乱していました」と吐露。広瀬は過去にも李監督の映画『怒り』に出演。李監督との撮影に関して「辛い役が多いと思います」と笑いながら「でもすごくやりがいがある。お芝居を通して、役者としてこんなにぜいたくな現場はないなと思います。ここまで役と自分自身、そして役を越えた、人と向き合うことが怖いなと思っていたんですが、嫌でも向き合う時間を設けてくださる。絶対に逃げられないなと思いながら撮影に参加させていただいています」と口にした。

同じく最優秀女優賞を受賞した倍賞千恵子は「こんなに立派な賞をいただいて、袖でドキドキしながら待っておりました」とコメント。自身が出演した『PLAN 75』に関して「素晴らしいスタッフのみなさんと一緒に『PLAN 75』という山を登れたこと、光栄に思っています。私よりもスタッフのみなさんが一番この賞を喜んでくれているんじゃないかなと思います」と語り「これからも精進して参ります」とスピーチした。

【「第14回TAMA映画賞」受賞一覧】

■最優秀作品賞

『LOVE LIFE』(深田晃司監督、及びスタッフ・キャスト一同)

『ハケンアニメ!』(吉野耕平監督、及びスタッフ・キャスト一同)

■特別賞

芦田愛菜・宮本信子、及びスタッフ・キャスト一同(『メタモルフォーゼの縁側』)

小林啓一監督、及びスタッフ・キャスト一同(『恋は光』)

■最優秀男優賞

佐藤二朗(『さがす』『truth 姦しき弔いの果て』『バイオレンスアクション』)

松坂桃李(『流浪の月』)

■最優秀女優賞

倍賞千恵子(『PLAN 75』)

広瀬すず(『流浪の月』)

■最優秀新進監督賞

片山慎三監督(『さがす』)

森井勇佑監督(『こちらあみ子』)

■最優秀新進男優賞

磯村勇斗(『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』ほか)

横浜流星(『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC-12』)

■最優秀新進女優賞

河合優実(『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思い出しただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』ほか)

伊東蒼(『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Seaon4』)

© ブロードメディア株式会社