博多華丸「まだまだ脱ぐんですね」、小栗旬「まだまだ脱ぎます」 「鎌倉殿の13人」最終回に向け、義村(山本耕史)の見どころ

「あさイチ」(NHK総合)プレミアムトークコーナーに11月25日(2022年)、俳優の小栗旬さんが登場した。主人公の北条義時役で出演中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の裏話が明かされ、ツイッターなどで笑いの反応が起こった。

「鎌倉殿~」では、11月6日放送回で、八田知家(市原隼人さん)が上半身裸になって船を懸命に引く姿をやぐらで見ていた三浦義村(山本耕史さん)もなぜか上半身裸になっていたことで、視聴者が「笑いが止まらん」「なぜ脱いだ三浦義村」などと盛り上がっていた。

台本でも「義村はなぜか脱いでいる」

小栗さんあてに届いた山本さんのメッセージVTRの中で、小栗さんが筋トレに凝っているという話で「見せるの(筋肉)は市原くんとか僕とか」と言ったことから、話題は知家と義村の例の場面に。

鈴木奈穂子キャスターの「なぜか見守っている義村も、裸だったんですよね」との紹介の後、山本さんが「僕、なんで脱いだ?ってなってますよね。僕が台本通りなんですよ。どっちかって言ったらイッチー(市原さん)が脱いだんだから」と裏話を明かした。

山本さん「イッチーは脱いでる設定じゃなかったんですよ。僕は『なぜか脱いでいる』ってそもそも書かれていて、台本に。僕は台本通りやったんですけど。僕がアドリブだと思われると、ちょっと実は心外」

普段から親しい市原さんからは「耕史さんに裸のバトンタッチしますよ」と言われたそうで、「その日ダンベル持ってきて、ずーっとやってたね。市原くん」と暴露していた。

博多大吉キャスター「あれがアドリブとは皆さん気付かなかった...」

小栗さん「どちらかと言ったら耕史さんの方が突然脱いじゃった感がありますもんね。あれは本当に台本に『義村はなぜか脱いでいる』って書いてあって」

番組では小栗さんが撮影した、義村の上半身裸のオフショットも紹介された。

小栗さん「これもまた、のちのち出てくるシーンですけど」

博多華丸キャスター「まだまだ脱ぐんですね」

小栗さん「まだまだ脱ぎます」

話題になったシーンの真相に、ツイッターなどでは

「まさかの義村の方が台本通りで八田殿がアドリブ脱ぎだという真実おもろすぎる」

「いや八田殿は台本通り脱いで平六はアドリブで脱いだと思うじゃん!逆なの!?(笑)」

「台本に『なぜか脱いでいる』と書かれていた平六...そうだったんかww」

と、驚きと笑いの声で盛り上がっていた。

(TT)

© 株式会社ジェイ・キャスト