「ねんきん定期便」の郵送、停止するにはどうすればいい?

「ねんきん定期便」に載っている情報

「ねんきん定期便」は、誕生月の2ヶ月前に作成され、誕生月に郵送で届くのが通常です。ただし、1日生まれの人については、誕生月の3ヶ月前に作成され、誕生月の前月に届きます。「ねんきん定期便」は原則としてはがきで届き、掲載されているのは直近1年間の情報です。

しかし、35歳、45歳、59歳といった節目の年には封書で届き、全期間の年金記録情報が掲載されています。記録されている情報に「漏れ」や「誤り」がある場合には、「年金加入記録回答票」という書類を年金事務所に提出し、日本年金機構に調査・確認を行ってもらわなければなりません。したがって「ねんきん定期便」は自分の年金記録をチェックする重要な役割を担っているのです。

便利な「ねんきんネット」

自分の年金記録ははがきや封書で届く「ねんきん定期便」で知ることができますが、現在ではインターネットで確認することも可能となっています。それが「ねんきんネット」です。「ねんきんネット」の利用には登録が必要で、マイナポータルから登録する方法と、「ねんきんネット」のユーザID取得をする方法があります。

マイナポータルから登録する場合は、マイナンバーカードでマイナポータルにログインし、トップページから「年金記録・見込額を見る(ねんきんネット)」ボタンをクリックした後、「ねんきんネット」との連携手続きを行うというのが基本的な流れです。

一方、「ねんきんネット」のユーザIDを取得する場合には、基礎年金番号とメールアドレスが必要です。また、氏名や住所、電話番号やパスワードの設定なども必要となります。

はがき版の「ねんきん定期便」の郵送停止

「ねんきんネット」に利用登録すれば、自分の年金記録はいつでもインターネットで閲覧することができます。郵送で送られてきている「ねんきん定期便」と全く同じ内容を、電子版「ねんきん定期便」で確認することも可能です。

電子版「ねんきん定期便」はダウンロードすることも可能で、年金記録の整理・保管は非常に便利となっています。この電子版「ねんきん定期便」を利用すれば、はがきや封書の郵送は不要だと感じる場合も多いでしょう。そういった方のために、「ねんきんネット」には郵送意向登録機能が用意されており、この機能によって「ねんきん定期便」の郵送を停止することができます。

ペーパーレス化でしっかり年金記録を確認しよう

「ねんきん定期便」は自分の年金記録や将来の年金給付について確認するための大切なものです。年に一度送られてくる「ねんきん定期便」は必ず確認し、「漏れ」や「誤り」がないかしっかり確認しましょう。また、「ねんきんネット」に利用登録すれば、年金記録などをいつでもインターネット上で確認することができます。

さらに、電子版「ねんきん定期便」を利用すれば、はがきや封書による郵送はもはや必要ありません。そこで、「ねんきんネット」を通じて郵送停止の登録をすれば、はがきや封書が届くことはなくなります。

出典

日本年金機構 「ねんきん定期便」は、どのような人に送っているのですか。また、いつ作成して、いつ送られるのですか。
日本年金機構 年金加入記録に「もれ」や「誤り」があった場合
日本年金機構 「ねんきんネット」の登録方法
日本年金機構 「ねんきんネット」の電子版「ねんきん定期便」のメリットは何ですか。また、郵送されるはがき版の「ねんきん定期便」を停止するにはどうすればいいでしょうか。

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

© 株式会社ブレイク・フィールド社