AOCから曲面比率1000Rのゲーミングディスプレイ「C27G3/11」「C32G3E/11」が登場―165Hz/1msに対応し27・31.5インチの2サイズ展開

AOCは、1000Rの曲面パネルを採用したゲーミングディスプレイ「C27G3/11」「C32G3E/11」を発売した。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

■基本性能

液晶パネル:曲面VAパネル(非光沢)
サイズ:27インチ…C27G3/11、 31.5インチ…C32G3E/11
曲面比率:1000R
解像度:1920×1080
入力端子:HDMI1.4×2、 DisplayPort1.2×1
VESAマウント:横100×縦100mm
スピーカー:なし
付属アイテム:HDMIケーブル 、 DisplayPortケーブル、 オーディオケーブル、 電源ケーブル

C27G3/11

価格・スペックや評判を通販サイトで確認

C32G3E/11

価格・スペックや評判を通販サイトで確認

曲面比率1000R

湾曲した画面では、 通常のフラット画面よりも映像に包み込まれる様な臨場感を体感でき、 よりゲームへの没入感を味わうことができます。

さらに、 目から中央や左右端の距離が一定になる為、 画面端のマップやアイテム画面などを焦点を変えずに見る事ができ、 瞬間的な判断スピードがアップします。

最大リフレッシュレート165Hzと最大応答速度1ms

FPSや格闘ゲーム、 レーシングゲームなどすばやい動きを必要とするゲームには、 高速処理が欠かせません。最大リフレッシュフレームレート165Hzによって画面がぼやけず、 滑らかに表示され、 一つ一つのシーンがよりはっきり見えるようになります。また、 最大応答速度1ms(MPRT)の性能を持ち、 より見やすくプレイしやすい映像を可能にしております。

FreeSync Premium規格を取得

FreeSync Premiumテクノロジーは、 最高のゲーム体験を求めるゲーマーに最適な高性能ソリューションを提供します。ティアリングやスタッタリングなどのカクつきを抑えることができ、 なめらかな映像再現を可能にします。

マウスやキーボードなどの信号入力遅延を最大限まで抑制「Low Input Lag」

マウスやキーボード、 アーケードコントローラーなどのUSB信号が液晶ディスプレイ画面に表示が読み込まれるまでの遅延を最大限に抑制、 思い通りの瞬間的なゲームプレイに貢献します。

HDRエフェクトモード

あらゆる映像がHDRの様に描写し、 より美しい映像表現を可能にする機能。暗い映像でも黒つぶれしない表現を可能にし、 明るい映像でも白飛びを抑え、 ゲーム画面をよりキレイにメリハリの利いた映像として表現できる機能です。
※HDR10などその他方式のHDRには対応しておりません。

ゲームカラー機能

輝度や色階調をゲームに合わせてできめ細かく調整が可能、 ゲームに合わせて最適な調整にすることができる機能です。

シャドウコントロール機能

ゲームによって明るい領域と暗い領域の重なった部分を、 コントラストを調整することにより、 くっきりと鮮明に映し出すことができる機能です。

ゲームモード

「FPS」「RTS」「Racing」といったプリセットモードのほか、 カスタマ イズした設定を保存することが可能です。 プレイするゲームに合わせ瞬時に呼び出すことができます。

出力中のリフレッシュレートを瞬時に判断できるフレームカウンター

現在出力中のリフレッシュレートを表示する機能。OSD設定により、 画面の右上・右下・左上・左下の場所を選択可能です。客観的に現在の出力状況を確認できる心強いサポート機能です。

ダイアルポイント

画面中央に照準を表示し、 より的確に的を狙うことができる新機能。 FPSユーザーには心強い機能です。

目にやさしいローブルーモード、 フリッカーフリー

フリッカーフリー

長時間使用するゲームプレイヤーにとって、 目へのダメージは深刻で欠かせない問題となっています。特に低輝度環境において、 不快感、 頭痛、 眼精疲労を引き起こす可能性がある為、 内部機能でフリッカーを防止する機能を備えています。

ローブルーモード

目に有害とされているブルーライトの波長を、 4段階で調整。長時間プレイで目を酷使することの多いゲーマーの目をサポートする機能です。

各種ゲーム機器の自社検証済

自社にてPS4、 PS5、 XBOX、 Nintendo Switchの接続検証済。(PS5、 XBOX Xの120Hz出力検証済:2022年10月現在)


© 株式会社イクセル