「2人とも熱々ラーメンを食べられた」 親子連れに時間差提供、魁力屋の気遣いに客感動...店員「当たり前の行動」

「1杯ずつ時間差で茹でられるので必要であれば言ってください!」――ラーメン魁力屋の親子連れへの対応にSNSで称賛が寄せられている。

幼い子供を連れた外食ではパートナーと交互に料理を食べていたという、ツイッターユーザー・つくしさんのエピソードだ。久しぶりに2人とも熱々な料理を食べることができたとし、感動したという。

J-CASTニュースの取材に対し、担当した店員は、今回に限った特別な対応ではないと振り返る。

「正直涙が出そうなくらい心を打たれました」

つくしさんが訪れたのは、京都発のラーメンチェーン「ラーメン魁力屋」の神奈川県内の店舗だったという。取材に対し、当時の状況を次のように説明する。

つくしさんは2022年10月下旬、パートナーと幼い子供とともに店を訪れた。店員らの賑やかな声が印象的だったという。ボックス席に案内され注文を終えると、子どもがぐずり始めた。つくしさんがあやし始めようとベビーカーに手を伸ばすと、冒頭のように店員から時間差で料理を提供できるという案内があった。

つくしさんは外食時、自分かパートナーのどちらかが食べている間にもう一人が子供を抱っこしてあやすことが多いそうだ。そんな2人にそれぞれできたての料理を提供するという店の心遣いに驚いた。

「初めてのことだったので何を言われているのか一瞬理解出来ませんでしたが、パートナーと顔を見合わせて『是非お願いします!』と返事をしました。 当然ですが、交代で食べると後半はご飯が冷めてしまうので、今日もそうなるだろうと思いながら注文していたので、久しぶりに二人共が熱々のラーメンを食べられてとても有難い気持ちでした」

つくしさんによれば、子連れで入店できる店は限られているという。子供を連れて問題がなさそうな店であるか、ベビーカーは入れるのか、おむつ交換台の有無など、「大人だけで外食する場合には無い視点で考える必要がある」と述べる。だからこそ今回の対応にひときわ感動したようで「正直涙が出そうなくらい心を打たれました」と振り返った。

「一人で魁力屋へラーメンを食べに行っていた頃とは全く違った印象が新たに生まれ、更に好きなラーメン屋となりました」

「『こうしないと大変かな』と思った際はいつも声がけさせていただいている」

魁力屋は2005年6月1日、京都北白川で創業した。看板メニューは「京都背脂醤油ラーメン」。「日本の食文化とおもてなしの心で世界中を笑顔に」という経営ビジョンを掲げ、関西から関東、東北、東海など他地方にも進出している。

J-CASTニュースは、魁力屋を通じて、つくしさん親子に対応した店員に当時の状況を取材した。

「赤ちゃんを抱っこされていてお食事が大変そうだったので、声がけさせていただきました。 『こうしないと大変かな』と思った際はいつも声がけさせていただいているため、今回に限って特別な対応をしたということではなく、日頃からお客さまに楽しくお食事を召し上がっていただくために意識している当たり前の行動でした」

魁力屋によれば、店舗では「たくさんのお客さまに『ありがとう』と言われるお店でありたい」という理念を共有しており、すべてのスタッフが笑顔や元気、気配りを心がけているという。

子連れの客もたくさん訪れるそうで、「親御さま・お子さまに楽しい外食のひとときを快適にお過ごしいただくために何ができるのか、日々試行錯誤しております」と述べる。子連れの人々に対しては、子供向けの椅子やとりわけ用の皿、紙エプロンなどを用意しているそうだ。店外で待たせてしまう時にはお茶の入ったポットを設置しているという。

「学びをくださっているお客さま・周りのスタッフのおかげです」

つくしさんは2022年11月13日、ツイッターでこのエピソードを紹介した。SNSでは、子ども連れに風当たりが強い話題が目に入ることが多いそうで、思わず「こんなに嬉しいことがあった」と伝えたくなったという。

ツイートは11月24日までに、2万7000件の「いいね」が寄せられる大きな反響があった。さらに他の子連れユーザーからも同様の対応を受けたという声が多数寄せられ、つくしさんは改めて魁力屋の徹底した心遣いに驚いたという。

魁力屋もこうした声に対し、「お客さまからの有難いお声がとても励みになります。誠にありがとうございます」と感謝する。担当した店員が次のように振り返った。

「大変有難いことに、たまたま僕が対応させていただいたエピソードを取り上げていただくことになりましたが、魁力屋の理念・同店のスタッフ・他店舗のスタッフから学んだ姿勢がこのようにご評価いただいてとても嬉しいです。

毎日魁力屋全店舗に寄せられたお客さまの声に目を通し、自分の接客にどう活かせるのか考えながら行動しているのですが、日々そういった学びをくださっているお客さま・周りのスタッフのおかげです。 これからも来てくださったお客さまに喜んで帰っていただけるような接客を心がけてまいります」

© 株式会社ジェイ・キャスト