松本伊代が番組収録で骨折 過去10年で20件以上も発生、突出する『イッテQ!』「とんねるず」案件

11月26日、TBSのバラエティ番組『オオカミ少年』の収録中に、タレントの松本伊代が骨折したとTBSが発表した。クイズに不正解だと落とし穴に落ちる企画で、約1.5m下のクッションに落下、腰椎を圧迫骨折したという。

近年、テレビ番組、とくにバラエティ番組の収録における事故が多発している。2012年以降で明らかになっている「骨折事故」は以下のとおり、20件以上も起きている(編集部調べ)。

2012年1月 平成ノブシコブシ・徳井健太『世界衝撃映像社』(フジテレビ)
2012年2月 ずん・やす『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)
2012年4月 ブラックマヨネーズ・小杉竜一『謎解きバトルTORE!』(日本テレビ)
2012年4月 東国原英夫『炎の体育会TV』(TBS)
2012年9月 スギちゃん「バラエティ特別番組」(テレビ朝日)
2012年10月 かまいたち・山内健司『雨上がりの「やまとナゼ?しこ」』(ABCテレビ)
2012年11月 銀シャリ・橋本直『よ~いドン!』(関西テレビ)
2013年1月 釈由美子『首都圏スペシャル「雪山へGO!2013」』(NHK)
2014年5月 AKB48・木崎ゆりあ『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)
2015年3月 出川哲朗『謎解きバトルTORE!』(日本テレビ)
2017年6月 おぎやはぎ・小木博明『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)
2019年5月 ANZEN漫才・みやぞん『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)
2019年11月 ジャニーズWEST・濱田崇裕『SASUKE2019大晦日』(TBS)
2019年11月 佐野史郎『ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル』(日本テレビ)
2020年10月 トレンディエンジェル・斎藤司『でんじろうのTHE実験』(フジテレビ)
2021年3月 ライセンス・藤原一裕『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)
2021年11月 吉村真晴(卓球選手)『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日)
2022年2月 ゆうちゃみ『サバイバル水鉄砲!一撃』(日本テレビ)
2022年3月 ロッチ・中岡創一『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)
2022年8月 ジェラードン・アタック西本『アメトーーク!』(テレビ朝日)
2022年8月 武田真治『新しいカギ』(フジテレビ)
2022年11月 松本伊代『オオカミ少年』(TBS)

局別では、日本テレビが7件、フジテレビが6件、TBSとテレビ朝日が各3件となっている。

このなかで近年、目立っているのが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だ。2019年にはみやぞん、2022年にはロッチ・中岡が骨折。それ以外でも、2019年にフォーリンラブのバービーがダンスの練習中にアキレス腱を断裂している。芸人やタレントたちが体を張った企画で高視聴率を稼ぎ、日テレの“看板”番組だが、それだけに企画がエスカレートしているのでは――という懸念もある。

また、とんねるずが出演する番組の多さも目立つ。このリスト以外にも、2003年には『とんねるずのみなさんおおかげでした』(フジテレビ系)の「人間大砲」の企画で、歌手の故・葛城ユキさんが胸椎粉砕骨折、胸骨脱臼の重傷を負い、背中にチタンの支柱を埋め込む大手術を受けたことがある。“過激さ”がウリだったとんねるずだが、いまやレギュラー番組はゼロ。そうした笑いは時代遅れとなったということかもしれない。

骨折ではないが、10月にはゆりやんレトリィバァが、Netflixのドラマ撮影中に背中と頭を打つ事故も起きている。

「体を張るのが芸人」という意見もあるかもしれないが、怪我をされては、笑えない。

© 株式会社光文社