HKT48[ライブレポート]継承をテーマに輝く未来への希望を届けた11周年ライブ

©Mercury

HKT48が、本日11月28日(月)に福岡サンパレス ホテル&ホールにて<HKT48 11th anniversary LIVE 2022 〜DAY2〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

11月26日(土)に実施した<HKT48 11th anniversary LIVE 2022 〜DAY1〜>のチーム対抗戦で勝利をおさめたチームTIIとチームKIVが昼公演のオープニングを飾り、豊永阿紀が“12年目1発目のライブ、今日はみんなで楽しんでいきたいと思いますので、最後まで応援のほど、よろしくお願いします!”と呼びかけると、温かい拍手が起こった。

同公演のテーマは“未来への継承”。<DAY1>で卒業を発表した1期生の本村碧唯はダンスの継承として、5期生の竹本くるみと4期生の地頭江音々へ、歌では2期生の秋吉優花から4期生の豊永阿紀と5期生の市村愛里へ、そしてエースの矢吹奈子は6期生の最上奈那華へなど、さまざまなジャンルで先輩から後輩へ繋ぐパフォーマンスを披露した。

本村は継承のために今回のダンス楽曲の振り付けをすべて考えたことを明かし、“(卒業する)夏までにあと何個かできたら嬉しいなと思います”と笑顔を見せた。本村と一緒にステージに立った竹本は“継承を通して、改めて先輩方の存在の大きさを実感しましたし、先輩方がカッコいい姿を私たちに見せてくださるからこそ、日々成長できているんだなと感じました”と話した。

ライブ中盤では年内に卒業する宮﨑想乃、外薗葉月、坂口理子、下野由貴がセンターポジションを務める楽曲を続けてパフォーマンス。HKT48劇場公演の最多出演1,094回の下野は「シアターの女神」を見せて、会場を盛り上げた。

そして迎えた夜公演のオープニング。センターには最上が立ち、「Generation Change」「鏡の中のジャンヌ・ダルク」を力強くパ フォーマンス。続いてシングル曲など、アップテンポナンバーを披露し、夜公演もスタートから熱気に包まれた。

アンコールでは年内に卒業する4名からファンへ、そしてメンバーへ感謝の気持ちを伝える場面も。

下野は“1期生だけじゃここまでのグループにはなってなかっただろうなと思うので、後輩のみんながHKTを選んで入ってくれて、HKTに入ってよかったって言ってくれるのが私は何よりも幸せなので、これからも1人ひとりがHKTに入ってよかったって思えるような、そしてファンのみなさんがHKTを応援していてよかったなと思えるような、そんなコンサートを作ってほしいなと思います”と話し、下野からのメッセージを受け取った後輩メンバーは涙を流して言葉に聞き入っていた。

続いて、新体制による新公演の演目と公演初日を発表。新チームHキャプテンの豊永は“カッコいい一面を見せられるようにみんなで頑張っていきたいと思います!”と話し、同じく新チームKIVキャプテンの松岡は“キャプテンらしく引っ張っていけるように、そしてみんながアイドル楽しい!って思えるような勢いで頑張りますし、みなさんに楽しんでもらえる公演にできたらいいなと思います”と意気込んだ。新チーム始動は、2023年2月を予定している。

最後は盛大な手拍子が響く中、ダブルアンコールへ。ビジョンには“未来へのメッセージ”と流れ、HKT48の最新シングル「ビー サンはなぜなくなるのか?」を若手メンバーで届けた。舞台袖で先輩たちが見守る中、フレッシュなパフォーマンスで“未来への継承”と銘打ったライブは幕を下ろした。

<HKT48 11th anniversary LIVE 2022 〜DAY2〜>

■千秋楽

・チームH<RESET>公演 2023年1月21日(土)

・チームKIV<制服の芽>公演 2023年1月28日(土)

・チームTII<恋愛禁止条例>公演 2023年1月29日(日)

■新チーム 初日公演

・新チームH<目撃者>公演 2023年2月11日(土)

・新チームKIV<ここにだって天使はいる>公演 2023年2月18日(土)

※詳細は後日発表

© JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.