『スプラトゥーン3』憎き「テッキュウ」弱体化へ!最新更新データで「サーモンラン」に各種調整が実施

『スプラトゥーン3』憎き「テッキュウ」弱体化へ!最新更新データで「サーモンラン」に各種調整が実施

ニンテンドースイッチ向けシューター『スプラトゥーン3』の最新更新データ「Ver. 2.0.0」にて、サーモンランの難敵「テッキュウ」が弱体化されます。

遠距離から強力な攻撃をしてくるテッキュウですが、本更新で移動速度が約30%低下。これにより、テッキュウの攻撃頻度が下がるほか、テッキュウが地上を歩いている時間が長くなり、ダメージを与えるチャンスが増えるといいます。

また、テッキュウの砲弾が飛来する際の演出が、これまでより長く表示されるように変更。どこから飛来しているのかわかりやすくなるとのこと。

オオモノシャケ関連ではこのほかにも、一度に出現するオオモノシャケの上限が15匹までに制限されます。ただし、順調にオオモノシャケを倒せている状況では、たとえ高いキケン度であっても、この制限数には到達しないとのこと。

これはオオモノシャケを倒せない状況に追い込まれている場合に、オオモノシャケの出現数が多くなりすぎることでゲームの動作が遅くなり、必要以上に状況が立て直しにくくなることを軽減するための変更だといいます。

さらに、スペシャルウェポンも性能が調整。対象は「メガホンレーザー5.1ch」「トリプルトルネード」「ジェットパック」「ナイスダマ」の4種で、調整内容は下記の通りです。

このほかにもサーモンランでは、新コンテンツ「ビッグラン」や「バイトシナリオの保存・再現機能」が追加。

評価リセットにおいても、使用条件が「いちにんまえ」の評価値が40より高いときに変更されるほか、「でんせつ」で評価値が100より高いプレイヤーが評価リセットを使うとき、評価値40まで一気にリセットされるのではなく、評価値100の段階ごとにリセットされるよう修正されます。

※ステージが変更されたときには、これまでどおり「でんせつ」の評価値40にリセットされます。


『スプラトゥーン3』の最新更新データ「Ver. 2.0.0」は、2022年11月30日に配信予定です。

© 株式会社イード