【11/29】新型コロナウイルス 新たに3人死亡 1058人感染確認

 新型コロナウイルスの県内の感染状況です。県と奈良市は29日、3人の死亡と新たに1058人の感染が確認されたと発表しました。

 1日あたりの新規感染者数は前の週の同じ曜日を5日連続で上回っています。新規感染者数が1000人を超えるのは、今月下旬になって3回目です。また70代から90代までの男性3人の死亡が確認され、亡くなった人の累計は587人になりました。病床などの使用率は重症対応病床が16%、入院病床全体では59%になりました。新型コロナの感染拡大を受け荒井知事は29日の定例記者会見で、これまで通常医療に使用していた確保病床の一部を12月5日までに新型コロナの病床として運用を再開する方針を明らかにしました。これにより重症対応病床を含む入院病床は314床から566床になります。

荒井知事

「基本的な感染対策をしていただいて用心していただくのが1つと、医療体制はしっかりしているので、感染された方は安心ですよという、その2つをメッセージとして出したい。」

© 奈良テレビ放送株式会社