無銭で入場、指摘されて「逆ギレ脅迫」 アイドル運営が迷惑客出禁「書ききれない程問題はあった」

アイドルグループ「えあらびゅー」運営が2022年11月27日、1人の迷惑客に対し出入り禁止措置をとったことを発表した。

発表によると、今回出入り禁止となった客はメンバーや他のファンに対し、繰り返し迷惑行為を続けていたという。

「貴重なご意見とは到底受け止めきれない迷惑行為が継続的に行われ...」

「えあらびゅー」は、2021年8月にデビューした5人組女性アイドルグループ。「王道アイドル」として定期ライブを主催するほか、フェスなどのイベントにも参加している。

グループ公式アカウントは27日、「【運営よりお知らせ】いつもえあらびゅーを応援頂きありがとうございます 該当の方1名を『出入り禁止』とした事を報告いたします」として、出禁措置を発表。経緯を説明した。

「活動期間中に貴重なご意見とは到底受け止めきれない迷惑行為が継続的に行われ問題となっておりました。酷い言動や行動を公然の場で晒し、他のお客様へ計り知れない苦しみや不快な思いをさせ、いまだ解消されないメンバーの精神的苦痛がありました」(原文ママ)

出入り禁止となった詳しい理由について、下記など7点に分けて問題行動を指摘した。

・メンバー、スタッフ及び他のお客様に対する、威圧的な態度、マウンティングやハラスメントとも取れる様な言動行動、ファンを辞めることを促す行為、特典会の妨害、営業妨害、脅迫、悪評を広めてやるという様な発言(刑法222条第一項、害悪の告知に相当する事由)、威圧的な態度や言動、えあらびゅーの他のお客様への無理な客引き行為。

・お客様から度重なる該当者に纏わるクレーム。

・泥酔状態でのイベントや特典会への参加。

・五反田のライブハウスの入場料を支払わずに会場に入場し、無理な客引き行為を行い、指摘を行った際に威圧的な態度での脅迫。

イベントでの迷惑行為以外にも、「執着したコメント」や「タレント、運営等の誹謗中傷・批判・脅迫ととれるコメント、及びそれらに同調または誘導するコメント」など事務所が定めている禁止事項に違反する行為もあったという。

今後の対応として、「えあらびゅーの主催・出演する全てのライブ・イベント・その他ビラ配り、SNSやメールなどインターネット配信等、すべての接触や来場を禁止する」とした。

出入り禁止措置の発表をもっても改善が期待できない・被害が広がるなどの場合には、「弊社顧問弁護士への委任、SNSなどのブロック、他の運営様及びイベント主催者への報告と相談、警察への相談」などの対応をとるという。

「耳を疑う事が起こりました」

代表取締役からの発表によると、スタッフや他のファン、メンバーから迷惑行為をする客の出入り禁止を求める声を受けていたものの、「容易に出入り禁止という判断をする事は避けたく、決めかねておりました」という。他のグループの運営やライブハウスのスタッフからは「うちなら即出入り禁止」とするアドバイスを受けたこともあったとした。

先述の行為をはじめ「ここには書ききれない程問題はありました」とするも、一時当該客が来場しなくなり、メンバーも気にすることがなくなったという。しかし、「耳を疑う事が起こりました」と振り返る。

「五反田のライブハウスのイベントで特典会にいるお客さまに対して無理な客引き行為を行い、且つ会場内で運営スタッフに対して威圧的な態度で恫喝の様な行為をした事。そしてその行為に及んだ際、イベントの入場料を支払わずに会場に入場していた事実。後日、多数のお客さまから直接苦情と報告がありました」

この事実で「一切の同情の余地は無くなりました」として、出入り禁止を発表したとした。「本来であれば把握しているTwitter全アカウントと通称(実名では無く普段呼ばれている呼び名など)を公表予定でしたが、逆上によりさらなる危害を加えられる可能性も踏まえて、今回は名前を出さない発表となりましたが、今後の様子を見て場合によっては公表も検討いたします」とした。

行きすぎた問題行為の数々に、「それにしてもよくここまで我慢したなという感想」「出禁理由多すぎて草 ひとりでこんなにやらかしたん...? これオタクでもファンでも客でもない ちゃんとしたオタクに謝れ、、」など驚く声があがっている。

© 株式会社ジェイ・キャスト