大阪に“東急ステイ”の新ホテル誕生! “暮らすように泊まれる”こだわり空間がすごい<宿泊レポ>

“東急ステイ メルキュール 大阪なんば”の様子 クランクイン!

東急ステイの新ホテル“東急ステイ メルキュール 大阪なんば”が、12月1日(木)から、大阪・心斎橋エリアにオープン! 本ホテルは、フランスのパリに拠点を置く世界最大級のホスピタリティグループ“アコー”のホテルブランド「メルキュール」と東急ステイがフランチャイズ契約を結んだ、両ホテル初となるダブルブランドホテルです。今回クランクイン!トレンドは、本ホテルの内覧会に参加。9万円超えの客室から、1万円台のお手頃な客室まで、注目ポイントをご紹介します。

■東急ステイ初のダブルブランドホテル

今回オープンする、東急ステイ メルキュール 大阪なんばは、東急ステイが持つ“暮らすように泊まれる”滞在機能性に、メルキュールが持つ洗練されたデザインを加えることで、満足度の高い滞在体験の提供を目指すホテル。

御堂筋線なんば駅から徒歩約4分の場所に位置しており、ホテルの目の前にはハイブランドからファストファッションまで多彩なブランドが集まる心斎橋筋商店街、後ろの通りには韓国料理や大衆料理などを味わえる飲食店、そして徒歩圏内にはザ・大阪感を楽しめる道頓堀があるなど、観光の拠点にぴったりです!

■1室のみのスペシャルルームがすごい!

ワクワクしながらも華やかなエントランスをくぐり、いざホテル内へ! “アーティストのアトリエ”がコンセプトのホテル内には、魅力的なデザインを得意とするメルキュールのセンスが光るこだわりの作品が展示されており、前衛的なイラストやボタンを使用したアートワークなどが飾られています。

客室は全288室を用意。ルームタイプはシンプルな「スーペリアクイーンリビング」から、ファミリー向けの「プリビレッジファミリー」、2面ガラス張りから見える景色が自慢の「プレミアムツイン」などバリエーション豊富です。1番小さなつくりのお部屋でも21平米以上と、十分な広さを確保しています。

個人的に1番ときめいたのは、本ホテルに1室のみのスペシャルルーム「デュープレックススイートルーム」。ドアを開けると開放感のある大きな窓から、難波の街並みを一望することができます。夜になると、キラキラと輝く景色を独占でき思わずうっとり…。

また、メゾネットタイプになっており、階段の上にはベッドルームが! ちょっとした秘密基地みたいでドキドキしました。ちなみにこちらのお部屋は1泊約9万円を想定しているそう。「頑張っていつか泊まろう…!」と、仕事を頑張るためのモチベーションをもらえました。

続いては、施設内の設備をチェック! 「こんなのがあったらいいのに」をかなえてくれる充実の内容をご紹介します。

■快適に過ごすための設備が充実!

今回宿泊したのは「スーペリアクイーンリビング」。シーズンにより価格は若干異なりますが、1泊約1万7000円~の予定と、本ホテルの中でも比較的リーズナブルな価格設定のお部屋で、「ちょっと背伸びしていいホテルに泊まりたい」人にうってつけです。

部屋の中に入ると、アメリカのベッドメーカー「Serta(サータ)」のクイーンベッドがどーんと設置! 右手には壁掛けタイプのテレビがあり、ベッドにゴロゴロ転がりながらテレビを見られる最高の空間が広がっていました。

さらに、室内には、冷蔵庫&冷凍庫が個別で用意されているのもポイント! 東急ステイの広報担当者の方いわく「アイスや氷を持ち込みたい、お土産を冷やしておきたいという声に答えた」そうで、「こんなのがあればいいのに」をかなえてくれる“おもいやり”に脱帽です。

そのほかにも、電子レンジやドラム式の洗濯機といった生活必需品を備えていたり、ベッドの両サイドにコンセントやサイドテーブルが配置されていたり、厚手のコートを6枚は余裕で収納できそうな大きなクローゼットがあったりと、ちょっとしたうれしいポイントが盛りだくさん。“暮らすように泊まれる”という東急ステイならではのコンセプトの通り、このまま住み込めてしまうほどの充実の設備が整っていました。

本ホテルのこだわりはこれだけではありません! 続いてはレストランやジムなど、ホテル内施設をチェックしましょう。

■ジム&ラウンジも完備!

中期~長期宿泊者の方にホテルを自由に楽しんでもらいたいという思いのもと、1階から2階にはジムとラウンジスペースも設置。

ネオンカラーが印象的な2階のジムは、宿泊者は無料で24時間利用可能。連泊の際、暇な時間を利用して体を動かせるのはうれしいですね。

そして、中2階にはコワーキングラウンジ、2階にはプレイラウンジを完備。中でもプレイラウンジには、ビリヤード台が設置されています。現状こちらはプレイ用ではないそうですが、ラグジュアリーな空間を演出する一因になっており、なんだか大人な気分。

また、1階のバーラウンジでは、ウェルカムドリンクを用意。お酒やおつまみ、アイスなども販売しており、「外に出るのは面倒だけど、ちょっと小腹がすいたな…」という時に大助かりでした。

■どれも目移りするほどおいしそうな朝食

それから、2階のレストラン「CENTRE M(サントル エム)」では、朝は宿泊者向けの和洋食ビュッフェを提供。昼と夜には宿泊者以外にも開放し、アフタヌーンティーや淡路島の生麺を使った「生パスタ」などを販売します。

今回は朝食のビュッフェを体験! 「クロワッサン」をはじめとする焼きたてパンや、パワーサラダ、お好み焼きなど全40種類の日替わりメニューは、どれも目移りするほどおいしそう。

個人的にはパンが特にオススメ! 毎朝レストラン内で焼き上げているそうで、一口かじるとサクっと軽く、追いかけるようにふわっと甘味やバターの香りが口いっぱいに広がり、朝から幸せな気分になれます。特に「プチパン」は、中にメープルやチョコが入っていたりとバリエーション豊か。ぜひとも全種類試してみて。

朝食を終え、名残惜しい気持ちを感じつつも、11時になったのでホテルをチェックアウト。ギリギリまでホテルで過ごすことができるため、朝の準備を焦らずに終えることができたのもありがたかったです。

東急ステイ初のダブルブランドホテルとなる“東急ステイ メルキュール 大阪なんば”は、観光名所や買い物スポットへのアクセス抜群で、旅の拠点にぴったり! また、客室内に生活に必要な設備がそろっているため、暮らすように泊まれるのもポイントです。なんばや心斎橋、道頓堀での観光や仕事の際は、ぜひとも本ホテルに泊まってみては?

© ブロードメディア株式会社