HKT48、見えてきた「世代交代」の形 12年目冒頭に掲げた「未来への継承」

福岡市を拠点に活動するHKT48が2022年11月28日、11周年記念コンサートの2日目の日程を福岡サンパレス ホテル&ホール(博多区)で開いた。

11月26日の公演初日には、「最後の1期生」にあたる本村碧唯さん(25)が卒業発表したばかり。公演2日目は12年目に入ってから初めての大規模なイベントで、「未来への継承」をテーマに掲げた。先輩と後輩メンバーがペアになって分野ごとに「継承」するパフォーマンスを披露したり、年内に卒業するメンバーを特集するコーナーが設けられたりした。終盤には、最新シングル「ビーサンはなぜなくなるのか?」(22年)を若手メンバーのみでサプライズ披露。世代交代の形が少しずつ見えてきた。

夜公演1曲目には「Generation Change」

特に夜公演では、世代交代を意識した演出が際立った。冒頭に披露された楽曲のタイトルはAKB48の「Generation Change」。出演メンバー全員で「新しい夜明けだ 世代交代させろ!」と歌い上げた。2曲目の「鏡の中のジャンヌ・ダルク」では、22年にデビューしたばかりの6期生で最年長の最上奈那華(ななか)さん(21)が「HKT48」の文字が入った旗を持って登場した。この旗は、指原莉乃さん(30=19年卒業)の卒業シングル「意志」(19年)のミュージックビデオで、指原さんが田中美久さん(21)と松岡はなさん(22)に手渡した旗。このシーンは、グループの世代交代の象徴だと受け止められた。

先輩と後輩がペアになってパフォーマンスするコーナーでは、23年春に卒業する矢吹奈子さん(21)が、最上さんに「ゼロ」を継承。「ゼロ」とは舞台上の立ち位置ゼロ番、センターポジションのことで、最上さんは

「ゼロを任されたときにふさわしい人になれるように、奈子さんをはじめとした先輩方から吸収して努力していきたい」

と意気込んだ。

それ以外にも、昼夜公演を通じて、本村さんが5 期生の竹本くるみさん(18)と 4 期生の地頭江音々さん(22)にダンスを、2期生の秋吉優花さん(22)が4期生の豊永阿紀さん(23)と5期生の市村愛里さん(21)に歌を継承した。

「『ここでひと区切り』と思わず、これからのHKT48のことも...」

矢吹さんとの「なこみく」ペアで知られる3期生の田中美久さん(21)は、昼公演終盤の「ロマンティック病」でセンターに立った。AKB48グループの楽曲に投票してランキングケー式で披露する20年の「リクエストアワー」で、初めて1位になったHKT48の楽曲だ。田中さんは間奏で、声を詰まらせながら

「先輩方が開いてくれた道を大切に、これからも新たな時代を作っていきます。HKT48は、誰にも負けない最強のグループだ~!」

と訴えた。

「チームH」キャプテンの豊永さんは、夜公演終盤のあいさつで、

「ここから先は、本当に誰も見たことがないHKT48になるんだなと思うと、正直、不安だなと思うこともある」

と吐露する一方で、多くの先輩から「あなたたちなら大丈夫だよ」という声をかけられたことを紹介しながら「ひとつひとつ進化していけるHKT48でい続けたい」。その上で、1期生全員の卒業が決まったことを念頭に

「『ここでひと区切り』と思わず、これからのHKT48のことも、応援のほどよろしくお願いします」

と呼びかけた。

「若手チーム」を舞台袖から先輩が応援

最終盤には、舞台上のスクリーンに「未来へのメッセージ 」の文字。5期生の石橋颯(いぶき)さん(17)をセンターに、若手メンバーが「ビーサンはなぜなくなるのか?」を披露した。18年にデビューした「ドラフト3期」以降に加入した10代のメンバー16人が担当し、16年にデビューした4期生以上の先輩が舞台袖から応援する様子も映し出された。

「ビーサンはなぜなくなるのか?」で元々センターを務めていた矢吹さんは、終演直後の「影アナ」と呼ばれるメッセージを担当。「皆さん、私たちからのメッセージ、受け取ってくれましたかー?」と呼びかけ、その内容を次のように解説した。

「11年間HKT48というグループを作り上げてきた先輩から、私たちにバトンが渡されました。そしてこれからは、未来の世代のメンバーたちに継承していくことになります。HKT48が、この先何十年と、ずっとずっと続いていき、私たちにとっても、みなさんにとっても、永遠に愛される、そんなグループになればいいなと思います」

3つあるチームは23年2月から2チームに再編成され、新公演もスタートする。演目は、「チームH」が、AKB48やNMB48で上演されてきた「目撃者」公演。「チームK4は、NMB48で上演された「ここにだって天使はいる」公演だ。初演はそれぞれ2月11日、18日の予定を予定している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

© 株式会社ジェイ・キャスト