スペインMFロドリ「W杯の日本代表、集団レベルでは最高」

12月1日に控えている日本代表対スペイン代表の試合。

FIFAワールドカップ・カタール2022のグループステージ最終節であり、コスタリカ代表に敗れた日本代表にとっては最低限引き分け以上の結果が必要となる。

スペインにとっても決勝トーナメントに進出するためには勝ち点が欲しいところで、両者にとって難しい試合となる。

『AS』によれば、それを前にスペイン代表MFロドリは以下のように話していたとのことだ。

ロドリ

「(ルイス・エンリケ監督からはセンターバックとしてどんなことを求められている?)

ボールを持っているときは常にプレーする。その個性が求められる。マンツーマンでプレッシャーがかかると難しいのは間違いないけどね。

守備では、状況を自分たちでコントロールして、お互いのセンターバックがラインを認識して、アグレッシブにデュエルをして、一貫性を保つ。それが求められるものだよ。

(すでに日本なら勝ったようなものだと思っている人々は多いが?)

日本戦は大変なことになるだろう。強烈な個を持っていないにしても、集団レベルでは最高のチームの一つだ。

彼らは非常に激しく、我々のようにあらゆるところでプレーしようとする。最初から勝ちに行くという考えを持ってやってくるだろう。勝ったようなつもりにはならないよ。

(日本はセンターバックにとって危険な相手?)

違ったチームと対戦するなら、違ったやり方が必要だ。彼らはダイナミックなプレーヤーがいて、おそらく狂ったように戦ってくる。スペースをうまく潰し、適切なポジショニングをする必要がある。

ビッグネームの選手はいないかもしれないが、全体として非常にうまく機能しているチームだよ。

(空中戦がスペインの弱点だと言われるが)

身長が不足していることは事実だが、別の強みがある。フィジカル的な選手を選ぶチームもあれば、そうでないチームもある。

しかし我々には背が高い選手もいる。僕もそうだし、ラポルトもそうだし、ブスケツも背が高いよ」

【写真】W杯日本代表、スペイン戦で救世主になりえる5人の戦士

日本代表の組織力を評価しているようだ。

© 株式会社コリー