陰謀論者の米評論家が破産申請、銃乱射「でっち上げ」主張で賠償命令

[2日 ロイター] - 米小学校で起きた銃乱射事件を「でっち上げ」と主張し、遺族らに約15億ドルの賠償支払い(10億ドルプラス4.73億ドル)を命じられていた政治評論家で陰謀論者とされるアレックス・ジョーンズ氏(48)が2日、テキサス州ヒューストンの裁判所に自己破産を申請した。

裁判所への提出文書によると、ジョーンズ氏の保有資産は100万─1000万ドル、負債は10億─100億ドル。ただ、実際の総資産額は不明。

ジョーンズ氏は2012年に米東部コネティカット州サンディフック小学校で26人が死亡した銃乱射事件について、銃規制強化に向けた政府による陰謀と主張し、遺族らから訴えられた。コネティカット州の裁判所は10月、ジョーンズ氏と同氏の運営する極右ウェブサイト「インフォウォーズ」に対し、遺族らへの賠償支払いを命じた。

© ロイター