ナリタブライアンに次々立ちはだかるライバル…!『ウマ娘』の次なる主人公フラグか

ナリタブライアンに次々立ちはだかるライバル…!『ウマ娘』の次なる主人公フラグか

ここ最近、『ウマ娘 プリティーダービー』ナリタブライアンの周囲でちょっとした異変が発生。さまざまなライバルキャラたちが立ちはだかる様子が、「まるで主人公のようだ」と盛り上がっています。

◆新CMはヒシアマゾンvsナリタブライアン!

ナリタブライアンのライバル関係について、『ウマ娘』ファンならまずマヤノトップガンを連想するかもしれません。ですが最近さまざまな場所で、あらためて“ライバルキャラ”の存在がアピールされています。

まずは11月28日に公開された新CM「Queensヒシアマゾン前篇」。同CMには「それは、あの冬に伝説となった彼女たちの物語。」という説明文が付いていますが、モチーフは1994年の「有馬記念」だと思われます。

このレースにはナイスネイチャライスシャワーツインターボといった名馬たちも参戦していましたが、終盤にはナリタブライアンとヒシアマゾンのマッチレース状態に。おそらくウマ娘としてのヒシアマゾンが“タイマン”を信条とする性格なのも、このレースの影響でしょう。

CMでもそんな関係性を完全再現しており、他のウマ娘には目もくれず、ひたすらナリタブライアンに照準を合わせるヒシアマゾンの姿が描かれています。

◆サクラローレルも激重感情を…

そしてもう1人のライバルキャラとして強調されているのが、サクラローレル

キャラ紹介として「同期のナリタブライアンには特別な感情があり、いつか必ず倒したい目標でもある」と記されている通り、ライバル視していることは明らかでしたが、現在開催中のストーリーイベント「Illuminate the Heart」でアツい描写が出てきました。

サクラローレルがナリタブライアンに向ける感情を掘り下げる描写があり、「私を見て、ブライアンちゃん。貴方が最後に見るとすればそれは──私の光でなくちゃ」と、ライバル関係を燃え上がらせるようなセリフを放つのです。

CMやストーリーイベントで、次々とライバルキャラから特大サイズの感情を向けられているナリタブライアン。その様子はまるで、高い実力ゆえにライバルたちから狙われるスポ根漫画の主人公のようではないでしょうか。トレーナーたちも、「最近のナリタブライアンが主人公にしか見えない」と興奮しているようです。

実際に“三冠ウマ娘”の称号をもつナリタブライアンなら、主人公としての格は十分。現在制作中のTVアニメ「ウマ娘」第3期はまだ誰が主人公か発表されていませんが、その布石という可能性もあるかも…?

© 株式会社イード