その開運習慣、ムダかも?! 木下レオンが教える「開運体質」になるためにまずやるべきこととは?

みなさんは日々の習慣で、開運を導くために実践していることはあるだろうか?

人気占い師の木下レオンさんによると、開運メソッドや習慣を実践するより先にやるべきことがあるという。それが「お祓い」だ。

汚れたコップに水を注いでも汚れてしまうのと一緒で、自分自身の「お祓い」をしなければ運気を上げることは難しいという。そこで大切なのは、「お祓い習慣」を習得してから「開運習慣」を実践すること。

11月28日発売の『木下レオンの今日から開運体質』(主婦の友社)は、木下さんが伝授するお祓い習慣&開運習慣をまとめた一冊。

寝具カバーも下着も「白」で。

始めに「悪運セルフチェック」であなたの運気を確認してみよう。

縁起物を飾る、寝具には白いカバーをかける、食事に旬のものを取り入れるなど、衣食住を整えることが運気UPのカギ。部屋を清潔に保ち、植物で気を浄化させて、幸運を受け取る準備をしよう。

部屋が整ったら、簡単にできる12の「お祓い習慣」で身を清めていこう。例えば滝行の代わりになる「シャワー滝行」や塩風呂、白い服装でリセットするなど、現代の生活に取り入れやすい習慣を紹介している。

寝具もそうだが、木下さんがおすすめするのは「白」を身につけること。

「『白』という色は浄化の作用があるといわれています。日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢に『相手の家の色に染まるように真っ白なまま嫁ぐ』という意味が込められているように、白には浄化やリセットの意味があるのです。ですから、自分を浄化させたいときには白い服を着るのがおすすめです。

また、数珠や天然石のリングなどのように、肌に直接触れたほうがよりパワーをいただけるので、下着から白にするとよいでしょう

浄化が完了したら、本書についている「開運のお札」や、電子版限定の木下レオンさん直筆の開運お札と直筆サインを持ち歩いて、開運アップに努めていこう。

このほか、運気アップに繋がる吉方位を、人間関係運、恋愛運、仕事運、金運、健康運にわけて紹介するコーナーや、神社の正しい参拝方法、お寺と神社の違い、2023年の開運カレンダー、お悩み相談、開運Q&Aまで、運気アップのための知恵とノウハウを網羅している。

2023年、最高のスタートダッシュを切るために、今からお祓い習慣&開運習慣を身に付けて、清々しい気持ちで年明けを迎えよう。

■木下レオンさんプロフィール

きのした・れおん/占術家。占い師一家に育ち、幼少期から占いの英才教育を受ける。10年以上、会社員生活を続けた後に独立。飲食店経営の傍ら、約4万人を無料で占う。その驚愕の的中率が話題になり、さまざまなメディアに取り上げられ、注目を集める。現在は、「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に占い師としてメイン出演。番組内ではタレントをはじめ、一般人の鑑定も行い、芸能界からも多くの支持を集める。

※画像提供:主婦の友社

  • 書名:木下レオンの今日から開運体質
  • 監修・編集・著者名: 木下レオン 著
  • 出版社名: 主婦の友社
  • 出版年月日: 2022年11月28日
  • 定価: 1980円(税込)
  • ISBN: 9784074533398

(BOOKウォッチ編集部)

© 株式会社ジェイ・キャスト