ラグビー、明大が早大下し2位 関東大学対抗戦

早大―明大 後半、相手のパスをインターセプトし、独走トライを決める明大・斉藤=国立競技場

 ラグビーの関東大学リーグ対抗戦最終日は4日、東京・国立競技場などで行われ、明大が早大との5勝1敗対決を35―21で制し、2位となった。早大は3位。既に帝京大が優勝を決めており、4位慶大、5位筑波大までが全国大学選手権に進む。

 明大は前半、3トライなどで21―14とリード。後半は2トライを加えて突き放した。伝統の一戦で両校の通算成績は明大の41勝55敗2分け。対抗戦は全日程が終了し、6位以下は立大、青学大、日体大となった。

© 一般社団法人共同通信社