高山が武隈部屋入り表明 高校横綱、師匠は元豪栄道

 今年の高校横綱で埼玉栄高3年の高山瞬佑(18)が4日、大相撲の武隈部屋への入門を表明した。12日に新弟子検査を受け、来年1月の初場所での初土俵を目指す。4日の全日本選手権では予選トーナメントの初戦で敗退した。

 高山は滋賀県近江八幡市出身。180センチ、130キロで押し相撲を得意とし「まずは関取になりたい。親方を信じてやっていく」と意気込んだ。同じく高校横綱の経験があり、高校の先輩に当たる師匠の武隈親方(元大関豪栄道)は「ずっと上位で闘えるような力士になってほしい。こつこつ努力していくことが大事だ」と期待した。

© 一般社団法人共同通信社