ロシア西部の飛行場に無人機攻撃、石油タンク炎上

[6日 ロイター] - ロシア西部クルスク州の飛行場にドローン(無人機)の攻撃があり、石油タンクが炎上した。同州知事が6日、メッセージアプリで明らかにした。負傷者はないという。

知事はその後、「反テロリスト委員会」の会議を開催したと述べた。攻撃がどこからのものかは示していない。

クルスク市はウクライナ国境から約100キロの場所にある。

5日にはモスクワ南東リャザニ州と南部サラトフ州の空軍基地2カ所がドローン攻撃を受け、ロシアはウクライナによる攻撃と主張している。

*動画を付けて再送します。

© ロイター