ポルトガルが準々決勝進出 モロッコ、初の8強入り

モロッコ―スペイン PK戦でスペインの2人目ソレルのキックを止めるモロッコのGKブヌ=アルラヤン(共同)

 サッカー・ワールドカップ第17日(6日・ルサイルほか)決勝トーナメント1回戦が行われ、ポルトガルとモロッコが準々決勝に進み、ベスト8が出そろった。

 1次リーグH組1位のポルトガルはラモスが3得点するなど、G組2位のスイスに6―1で大勝し、2006年以来の準々決勝進出。F組1位のモロッコは3大会ぶりの優勝を狙ったE組2位のスペインと対戦し、延長を終えて0―0で突入したPK戦を3―0で制し、初の8強入りを決めた。

 9日からの準々決勝のカードはオランダ―アルゼンチン、クロアチア―ブラジル、イングランド―フランス、モロッコ―ポルトガルとなった。(共同)

PK戦の末にスペインを破って準々決勝進出を決め、駆け出すハキミ(2)らモロッコイレブン=アルラヤン(共同)
ポルトガル―スイス 前半、先制ゴールを決めるポルトガルのラモス(手前)=ルサイル(共同)

© 一般社団法人共同通信社