「鬼滅」類似グッズ販売に有罪 名古屋地裁、卸売会社社長

押収された人気アニメ「鬼滅の刃」の作品を連想させるデザインの偽グッズ=2021年7月、愛知県警蟹江署

 人気アニメ「鬼滅の刃」を連想させるデザインのグッズを販売し正規品と混同させたなどとして、不正競争防止法違反罪に問われた横浜市のグッズ卸売会社社長で中国籍のウー・シャオビン被告(57)に、名古屋地裁は16日、懲役2年、執行猶予5年、罰金300万円(求刑懲役2年、罰金300万円)の判決を言い渡した。

 宮本聡裁判長は判決理由で、商品の模様の組み合わせが、見た人に公式グッズだと認識させるものだったと認定。「職業的な権利侵害を繰り返した。人気に便乗して売り上げを伸ばそうとする極めて巧妙な手口だ」と非難した。

© 一般社団法人共同通信社