民生委員、欠員1万5000人 3年で32%悪化、戦後最多

厚生労働省

 地域福祉の担い手である民生委員について、厚生労働省は13日、昨年12月の全国一斉改選で定数約24万人に対する欠員が1万5191人に上ったと発表した。欠員は以前から増加が続いており、3年前の前回に比べ32%増えた。戦後最多とみられる。高齢化のほか、働くシニア層の増加や専業主婦の減少を背景に、なり手不足が深刻化している。住民の身近な見守り役で、支援の網に漏れが生じる恐れがある。

 独居高齢者を訪問したり、ひきこもりや児童虐待に関する相談を受けたりして、行政や福祉サービスに橋渡しするのが役割。町内会などが候補者を選び、知事などの推薦に基づき厚労相が委嘱する。

© 一般社団法人共同通信社