J1昇格へ「挑め!高みへ」 ロアッソ熊本が新体制発表 新ユニホームもお披露目

ロアッソ熊本の新体制発表会で披露された新ユニホーム=熊本城ホール(谷川剛)

 サッカーJ2ロアッソ熊本は14日、熊本市中央区の熊本城ホールで今季の新体制発表会を開き、スローガン「挑め!高みへ」や、新ユニホームをお披露目した。

 サポーターら約650人を前に、4季目の指揮となる大木武監督は「(新シーズンが)楽しみで仕方がない。みなさんと一緒に、わくわくドキドキのシーズンにしたい」と抱負を述べた。運営会社の永田求社長は「伸びしろがある12人の新戦力が加わった。大木サッカーにどのように順応するか楽しみ」。新主将のMF平川怜は「自分が中心となって、昨季以上の結果を求めたい」とあいさつした。

 選手も一人ずつ「一生懸命頑張る」などと意気込みを表明。サポーターの質問に答えるコーナーで、MF竹本雄飛は「(チーム内の)友達がたくさんいなくなったので、新しい友達をつくりたい」と会場を笑わせた。

 ロアッソは昨季過去最高の4位と躍進。昇格プレーオフに初進出し、J1にあと一歩と迫った。今季の開幕節は2月18日か、19日で、熊本は敵地で栃木と対戦。ホーム開幕は第2節で同25日か、26日に秋田と顔を合わせる。(野方信助)

「わくわくドキドキのシーズンにしたい」と話すロアッソ熊本の大木武監督
今季への意気込みを語るロアッソ熊本の平川怜主将

 ■新ユニホームは赤を全体に

  ロアッソ熊本の今季ユニホームはフィールドプレーヤー(FP)のホーム用がチームカラーの赤色をパンツ、ソックスまでの全体に押し出すデザインとなった。GKは紺色主体。アウェー用はFPが白、GKが黄色を基調とした。プーマ社製。モデルとして登場した平川怜主将は「着心地は抜群。真っ赤なので格好いい」と話した。

 スポンサー企業も発表。胸が平田機工(熊本市)、背中が高橋酒造(人吉市)、鎖骨左がRKKCS(熊本市)、同右がアウトソーシングテクノロジー(東京都)。

 公式トレーニングウエアは▽胸=シアーズホームグループHD(熊本市)▽両肩=えがお(同)▽背中=熊本日日新聞社(同)▽胸下部=郵船ロジスティクス(東京都)、MARUKU(山都町)▽背中下部=磯崎工務店(熊本市)、熊本市▽右袖=アンサーインターナショナル(宇土市)。

 練習用トレーニングウエアは▽胸=九州エネコ(熊本市)▽背中=シアーズホームグループHD(同)▽右袖=えがお(同)▽胸下=肌美和(御船町)、ピカッシュ(菊陽町)。

ロアッソ熊本の新体制発表会で発表された「挑め!高みへ」の新スローガン

© 株式会社熊本日日新聞社