日銀総裁人事、2月提示を検討 政府、黒田氏の後任

 政府が、4月8日に任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁の後任人事案について、2月に国会へ提示する方向で検討していることが分かった。副総裁の人事案と併せて、2月10日を軸に衆参両院の議院運営委員会理事会に示す案が浮上している。複数の与党関係者が17日、明らかにした。

 日銀の正副総裁は、衆参両院の了承を得て任命する国会同意人事の一つ。候補者は、衆参の議運委で金融政策運営の姿勢や考え方など所信を表明し、各党からの質疑に応じる。与野党はその内容を踏まえて同意の可否を判断する。

© 一般社団法人共同通信社