今季一番の寒気、大雪注意 日本海側中心に24日から

気象庁

 日本列島上空に今季一番の寒気が流れ込む影響で、24日から26日ごろにかけて全国的に気温がかなり低くなる見通しだ。気象庁は21日、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や大荒れの天気になる所があるとして注意を呼びかけた。

 気象庁によると、24日は低気圧が発達しながらオホーツク海付近と日本の東に進み、強い冬型の気圧配置になる。26日ごろにかけて続き、北日本から西日本の日本海側を中心に平地でも大雪となる恐れがある。海も北日本から西日本の日本海側と沖縄を中心に大しけとなる所がある。

 気象庁は大雪による交通障害、暴風や高波に警戒、注意するよう呼びかけている。

© 一般社団法人共同通信社