自転車の小学生はねられ死亡 四日市の市道、過失運転容疑で男を逮捕 三重

 【四日市】22日午後1時45分ごろ、三重県四日市市楠町本郷の市道で、自転車に乗っていた近くの小学3年、前原舞雪さん(9つ)が乗用車にはねられた。前原さんは頭などを強く打ち、救急搬送先の病院で死亡が確認された。

 四日市南署は乗用車を運転していた鈴鹿市南堀江一丁目、建設業小掠直行容疑者(61)を、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。過失運転致死に切り替えて調べている。小掠容疑者は容疑を認めている。

 同署によると、現場は信号のない交差点。前原さんは横断歩道を渡っていた。小掠容疑者は仕事現場から事務所に向かう途中。別の車に気を取られていたという趣旨の供述をしているといい、同署は前方確認が不十分だったとみている。

© 株式会社伊勢新聞社