iPadOS 16.3公開、暗号化やセキュリティ強化、Siriの音楽リクエスト修正も

アップルは、iPad向けのiPadOS 16.3を提供開始した。iPadOS 16.3では、データ保護とセキュリティ保護を強化した。

「iCloud用の高度なデータ保護」では、エンドツーエンドの暗号化で保護されるiCloudデータを、iCloudバックアップ、メモ、写真を含む計23種類に拡大。たとえクラウドでデータ漏洩が起きても情報を保護できる。

また、Apple IDのアカウントセキュリティ保護も強化。Apple ID用のセキュリティキーを使用することで、新たなデバイスでの2ファクタ認証によるサインイン時に、物理的なセキュリティキーがないとサインインできなくすることが可能になった。

そのほかiPadOS 16.3では、HomePod(第2世代)に対応したほか、「フリーボード」アプリでは、Apple Pencilまたは指を使って描画した筆線が共有ボードに表示されないことがある問題を修正。Siriがミュージックのリクエストに正しく応答しないことがある問題も修正された。

© 株式会社 音元出版