サガン鳥栖が主力の大量流出阻止→タレント獲得 “NEXT鎌田大地”誕生も秘めた新チームへの期待感

就任2年目の川井監督が作り上げるサガン鳥栖に注目だ【写真:Getty Images】

【識者コラム】川井体制2年目の鳥栖、新チームに感じる期待感

筆者は2023シーズンに向けたJリーグのキャンプを沖縄で取材している。多くのチームがこの地で活動していることもあり当初、もう少し幅広く見ようというプランもあったが、最初に見たサガン鳥栖のインプレッションが良く、滞在中の半分近くを鳥栖の取材に費やすことになった。

就任2年目となる川井健太監督のメニューは非常にコンパクトで、2部練なら1つのセッションで1時間も経たずに終わってしまうこともある。その理由について川井監督は「その時間で十分だと思ってます。時間を短くしたいわけではなく、その量、その質があれば問題ないなと。だったら、そのほかの時間をプライベートにしてほしい。なぜなら、僕がそういうタイプの選手だったから」と笑顔で話す。

そうしたコンパクトなトレーニングの中でも、選手たちは非常に高い強度を出さなければいけないので、負荷は十分にかかっているという印象だ。宿舎内でのミーティングも少なく、時間も短いというなかで、1月21日に行われたベガルタ仙台とのトレーニングマッチ前日には、珍しく40分もの時間を割いてミーティングが行われた。その多くがセットプレーやスローインからのリスタートで、ミーティング後にはグラウンドで動きなどを確認していた。

「(ミーティング中)僕はコーヒーを飲んでただけ(笑)。選手が今すべて覚える必要はない。僕も覚えていないぐらいなので。ただ、MTGが40分ということは大切にしてるんだなと。それが伝わればいいです」

川井監督のそうした言い回しに取材で聞いている筆者も引き込まれてしまうが、鳥栖は実際かなりの分業体制ができており、トレーニングではほとんどコーチが具体的な指示を出し、川井監督はグラウンドを歩き回りながら、全体を観察することがほとんど。そこで必要だと思えば指示を出すが、余計な口出しはしない。

ただ、そこには大きな理由がある。川井体制が2年目となり、コーチングスタッフはもちろん、守護神の朴一圭をはじめ、昨シーズンから残っている選手たちがベースとなり、新加入選手たちの動きが指標になっているからだ。

鳥栖の設立に奔走した故・坂田道孝さんの命日であり、サポーターナンバーでもある17番を逆にした71番を背負う朴は「もともと主力で出ていた人たちがほとんど残って、監督が何したいか分かるなかでスタートして、プラス15人は監督が欲しいと言って呼んできた。順応度は早いと思います」と力強く語る。

「僕の感覚で言うと、2019年のマリノスに入ったタイミングの雰囲気を感じます。18年は分からないですけど、チームに入って石垣(キャンプ)に行った時に、なぜこれで残留争いしてたのという思いを抱いたのと似た感覚があります」

主力の流出を極力抑えながら、効果的な補強でチームを前進させる

今季から新たに加わるのがJ3の松本山雅FCで昨シーズン11得点を記録した19歳の横山歩夢、横浜F・マリノスから加入した20歳の樺山諒乃介といった個性溢れる選手たちだ。川井監督は昨シーズンのベースに自信を持ちながら、そこに個人で違いを作れるタレントを意図的に狙って、獲得したという。その一方で、高円宮杯JFAU-18プレミアリーグファイナルで全国優勝を成し遂げた鳥栖U-18から、U-20日本代表候補の楢原慶輝など、4人の選手が昇格した。

“鳥栖ユース”と言えば、やはり高校時代にプロ契約を果たし、ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンに移籍(ドイツ4部のセカンドチームからスタートする予定)した福井太智の名前が浮かぶ。鳥栖の選手たちを見ても、ここから多くの選手が各カテゴリーの日本代表、さらには海外の強豪にステップアップしていく可能性に溢れていると実感する。

周知の事実とは思うが、鳥栖は大口スポンサーの撤退などから債務超過となり、厳しい緊縮財政に伴い、ここ数年は主力の大幅な入れ替えを強いられてきた。そうした状況から選手を国内のライバルに引き抜かれる事例もあとを絶たなかったが、今年は17人の選手が残り、そのほとんどが主力として引っ張ってきた選手たちだ。昨シーズンの11位から大きな躍進も期待できる。川井監督も、主力の流出を極力抑えながら、効果的な補強でチームを前進させる、本来の姿になってきたと手応えを掴んでいるようだ。

それと同時に期待されるのは1年半後のパリ五輪、そして3年半後の北中米ワールドカップ(W杯)に向けて、1人でも多くの選手が日の丸を背負うことだ。U-20代表のキャプテンを担う中野伸哉や同世代のエースとして期待される横山はもちろんだが、今年トップチームに昇格した坂井駿也も「全然、狙えると思いますし、上を目指すのであれば、そこに絡んで行かないといけない」と語る。ちなみの彼の最大の持ち味はボール奪取で、指標は日本代表の“デュエル王”遠藤航だという。

日本代表戦士の輩出へ指揮官も意欲「ずっと思ってること」

そうした選手たちの意欲を汲んで、川井監督に鳥栖から日本代表の選手を出すことの意味を聞いた。

「僕が指導者を始めてから、ずっと思ってることですね。女性だろうが男性だろうが、何十歳だろうが、日の丸というものを。ナショナルチームに入りたいというのは選手である以上、そこは目指してほしいです。そこに入った時に活躍できる選手というのを大前提で、僕は指導させてもらっているので」

さらに川井監督は「鳥栖というチームが、そういう可能性のある選手たちが多いかもしれない。そういうふうに見られているのであれば、それは間違いではないですよというのを、僕がちょっと手助けして、証明してもらいたいなと思っています」と語ってくれた。無論、代表選手を選ぶのはA代表の森保一監督だったり、パリ五輪世代の大岩剛監督だったりするが、川井監督にはチームで良い結果、パフォーマンスを出した先にその道が開けてくるという自負がある。

鳥栖といえば、カタールW杯にも出場した鎌田大地が高卒から3年間在籍して、キャリアのベースを築いたクラブでもある。鎌田は鳥栖に対する恩義や愛着を忘れることなく、ことあるごとに名前を出している。そして、カタール行きこそ叶わなかったが、東京五輪に出場し、現在ベルギーで活躍する林大地も世界で活躍することで、クラブの名前を広めようとしている“鳥栖ファミリー”の1人だ。

沖縄のキャンプに参加している選手たちから“NEXT鎌田大地”が出てくるかどうかと問われたら、筆者は「YES」と答えたい。もちろん、同じタイプという意味ではなく、鎌田のように世界で活躍し、日の丸を背負うような存在という意味だが。そうした選手が3年半後に鳥栖に在籍しているかは分からないが、川井監督の下で成長するために切磋琢磨する選手たちの中から、そこに行き着く選手が出てくる可能性は確かに感じる。まずはJリーグの新シーズンに向かうチームの熱を楽しんでいる。(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)

© 株式会社Creative2