ロナウドを舐めた傲慢な監督のせい!ソーセージか!あのインタビュアーがユナイテッドに皮肉

クリスティアーノ・ロナウドを放出して以降無敗を続けていたマンチェスター・ユナイテッド。ただ、首位アーセナルとの大一番には3-2で敗れてしまった。

この冬に獲得したオランダ代表FWヴァウト・ヴェフホーストはフル出場したが、無得点に終わっている。

そうしたなか、ピアース・モーガン氏のツイートがまた話題になっている。

ロナウドはユナイテッドとエリック・テンハフ監督を公然と批判したインタビューが退団の決定打になったが、その際にインタビュアーを務めた人物だ。

そのモーガン氏は大のアーセナルファンなのだが、ユナイテッドが敗れた後にこうツイートしていた。

「ユナイテッド、おめでとう。

史上最高の選手であるロナウドをひどく見下して、彼を退団させた傲慢な監督を雇ったからこうなったんだ。

そして、オーストリアのソーセージみたいな聞いたこともないような選手を彼の代役にした」

ロナウドを軽視したとして、テンハフ監督を招聘したユナイテッドを皮肉っている。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

また、ヴェフホーストはソーセージみたいな名前とこき下ろしていた。

© 株式会社コリー